ソニー、0.5型として最高解像度のUXGA有機ELマイクロディスプレイ『ECX339A』 を商品化 世界最小画素ピッチ6.3μmを実現


ソニーは、0.5型で最高解像度となるUXGA(1600×1200)を実現した有機ELマイクロディスプレイ『ECX339A』を商品化を発表した。出荷時期は11月予定、価格は50,000円となっている。

『ECX339A』は、ソニー独自の有機ELディスプレイ技術と微細化プロセス技術により、世界最小の6.3μm画素ピッチを達成し、従来比約1.6倍の高解像度化を実現する。

 

従来比2分の1の電圧で動作する新規設計の駆動回路を採用することにより、高解像度でありながら従来品と同等の低消費電力。また、独自の駆動方式を組み合わせることにより、従来比2倍の240fpsまでのフレームレートに対応できる。

◉製品詳細
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201805/18-049/