「第30回とよたビデオコンテスト」11月4日(日)まで作品募集中! 参加資格は「どなたでも」


公益財団法人豊田市文化復興財団は、「第30回とよたビデオコンテスト」の開催にあたり、7月1日から11月4日まで期間作品の募集を行っている。発表・表彰は、12月9日(日)イオンシネマトヨタKiTARAにて午後1時より行われる。

今年で30回目を迎える歴史あるコンテストは、ビデオ作家で成安造形大学客員教授の小林はくどう氏を審査委員長に迎え、自由・課題・CM・ジュニアの4部門でオリジナルビデオ作品を募集するという。

募集資格は、全国各地の「どなたでも」。グループの応募も「可」となっている。

〈第30回とよたビデオコンテスト〉作品募集概要
応募期間:2018年7月1日(日)から11月4日(日)まで
募集部門:自由部門・・・自由な発想でユニークな作品
     課題部門・・・「環境・エコロジー」「豊田市のできごと」「高齢者社会」をテーマにした作品
     CM部門・・・「我が町PR」「自分または、他人のPR」「イベント(文化行事)のPR」
     ジュニア部門・・・小・中学生が制作したビデオ作品(保護者・教員の指導可)
応募規定:・ビデオカメラで撮影した未発表のビデオ作品
・作品の時間は3分以上7分以内。CM部門は1分以内で最後にキャッチコピーを入れること
・方式はDVD、BDのみ
・応募作品数は無制限

〈お問い合わせ・応募先)
公益財団法人豊田市文化復興財団 文化事業課
〒471-0035 愛知県豊田市小坂町12-100

応募用紙のダウンロードは、公式HPから
http://www.cul-toyota.com/event/otherevent/entry-784.html#prettyPhoto