キヤノン、新映像エンジンDIGIC 8を搭載し4K動画が可能なコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX740 HS」を8月30日に発売


キヤノンは、映像エンジンDIGIC 8を搭載したコンパクトデジタルカメラ「PowerShot SX740 HS」を2018年8月30日に発売する。価格はオープン(同社オンランショップの販売価格は48,500円)。

「PowerShot SX740 HS」は、2017年5月に発売された「PowerShot SX730 HS」の後継機種。奥行約39.9mm、質量約299gの薄型・軽量ボディーに、広角24mmから望遠960mm相当の光学40倍ズームレンズとカメラ部有効画素数最大約2030万画素のCMOSセンサーを搭載。デジタルズームを進化させた「プログレッシブファインズーム」機能により解像感を維持したまま1920mm相当の望遠撮影が可能となっている。

新映像エンジン「DIGIC 8」で4K動画撮影

コンパクトデジタルカメラで初めて「DIGIC 8」が搭載されており、4K(30P)動画/4Kタイムラプス動画の撮影が可能に(1回の撮影可能時間は4K動画で約30分)。また、「5軸手ブレ補正」により不安定な姿勢での撮影時もブレを軽減し高画質な映像を撮影することができる。

従来のショートクリップ動画が、撮影から編集までを手軽に行える「ビデオスナップ」に進化。約4/6/8秒の短い動画をカメラ内でつなぎ合わせ1本のショートムービーをつくることができる。Wi-Fi接続で撮影した動画や写真をスマホへ自動送信できる専用アプリ「Camera Connect」を経由すれば、SNSへのアップロードやシェアもスムーズに行える。

その他に、シャッター前の約2〜4秒の動画を記録し、写真と連動したショートムービーを自動的に作成する「プラスムービーオート」や、ミニチュア模型のような効果をつけて動画を撮影できる「ジオラマ風動画」といった動画を撮影を楽しめる機能が搭載されている。

上方向に約180°回転するチルト式液晶モニターが搭載されているので、Youtube動画制作でも使用できる。

◉製品詳細はこちらから