ケンウッド、前方に加え、後方・車室内の録画が可能な2カメラドライブレコーダー「DRV-MR740」・「DRV-MP740」を発売


株式会社JVCケンウッドは、前方と後方の同時録画に対応した前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MR740」と、前方と車室内の同時録画に対応した車室内撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MP740」の計2モデルを10月上旬より発売する。価格はいずれもオープン価格(想定価格は、「DRV-MR740」34,000円前後、「DRV-MP740」37,000円前後)となっている。

「万一の事故に遭遇した時への備え」に加えて、車内外のさまざまなトラブルからの「自衛手段」としてもドライブレコーダー設置の有効性が認識されるようになってきた昨今、同社がこれまで培ってきた車載技術と映像・光学技術の融合により生まれた高付加価値モデルは、2016・2017年度と2年連続でドライブレコーダー販売数量第1位を獲得しているという。両モデルともF1.8の明るいレンズとフルハイビジョンによる高精細録画に加え、24時間の長時間駐車監視録画にも対応している。

◉ラインナップ
●「DRV-MR740」
メインユニット(前方用カメラ)と後方用の2nd\カメラで、前方・後方の同時録画に対応
自車の前方に加え、後方の車の動きなど、前後の状況を同時に録画できます。

 

●「DRV-MP740」
メインユニット(前方用カメラ)と車室内用の2ndカメラで、前方・車室内の同時録画に対応
自車の前方に加え、車室内の録画が可能。車室内用カメラは「赤外線LED」を搭載し、光量の少ない夜間やトンネル内などでの車内映像を録画できる。

 

◉主な特徴
1.フルハイビジョン録画で走行時の映像をより高精細に録画
メインユニットの前方用カメラに加え、2ndカメラもフルハイビジョン録画に対応。ナンバープレートや標識など、走行時の映像をより細部まで高精細に録画する。

2.夜間の走行映像にも配慮したF1.8の明るいレンズを採用
前方・後方・車室内の全てのカメラにおいて、F1.8の明るいレンズを採用。

3.「HDR機能」を搭載し、トンネルの出入り口など明暗差の大きなシーンで安定した映像録画が可能
メインユニット(前方用カメラ)に「HDR機能」を搭載。逆光やトンネルの出入り口、夜間走行時の照明など、明暗差が激しい環境時におきやすい「白とび」や「黒つぶれ」を抑える。

4.最長24時間の長時間「駐車監視録画」機能を搭載
車載電源ケーブル「CA-DR150」(別売り)を使用することで、最大24時間の長時間駐車監視録画に対応。駐車中の衝撃や、動体の検知にも対応し、検知前の5秒間と検知後の5秒間の計10秒間の録画が可能。

5.メインユニット(前方用カメラ)はルームミラー裏への設置を考慮したコンパクト設計
ビデオカメラ開発で培った高密度設計技術の投入により、フルハイビジョン記録の2カメラ同時録画制御でありながら小型化の両立を実現。ルームミラー裏にも収まりやすいので視界を妨げない。

6.テレビ放送への電波干渉を抑える「地デジ干渉対策」(\VCCIクラスB適合)
ドライブレコーダーが発する微弱な電磁波によるカーナビの地デジ放送への影響を最小限に抑えるため、ノイズ低減設計を施した「地デジ干渉対策」モデル。

7.一律4万円の補償金が支払われる交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度に対応
ドライブレコーダー協議会が提供している交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度に対応。同制度に登録済みのドライブレコーダーを設置した車両がレッカー搬送を伴う交通事故に遭った場合に、ドライブレコーダーの再購入費用および諸経費の補てんを目的に、同協議会から一律4万円の補償金が支払われる。

8.さまざまな車両状況を記録できる4つの録画機能を搭載
①常時録画
エンジンのON/OFFに連動して、本体の電源ON/OFFの手間なく自動で録画がスタート/ストップする。

②イベント記録
Gセンサーの搭載により、突発的な衝撃や急激な速度変化などを検知すると、自動的に録画を開始し、イベント記録専用のフォルダに記録される。

③手動録画
常時録画中でも、必要に応じて手動で録画ボタンを押せば、常時録画とは違うイベント記録フォルダにデータが記録される。

④駐車監視録画

9.ドライブをサポートする「運転支援機能」を搭載
①前方衝突警告
自車と前方の車との距離を検出し、安全な距離が保たれていない場合に、画面表示と警告音で知らせる。

②車線逸脱警告
時速60km以上で走行中、現在の車線からはみ出してしまった際に、画面表示と警告音で知らせる。

③発進遅れ警告
自車が停止中、前方車両の発進に対し自車の発進遅れを検出した場合に、画面表示と警告音で知らせる。

④リフレッシュ通知機能
連続運転を長時間続けると画面表示と警告音で知らせるリフレッシュ通知機能を搭載

⑤エコドライブ表示機能
Gセンサーにより車の動きを検知し、運転の仕方を自動診断する。

◉詳細は、株式会社JVCケンウッドの公式サイトをご覧ください