パナソニック、マイクロフォサーズレンズLEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.ほか全5本を発表


LEICA DGの標準ズームレンズ

パナソニックは、1月25日、GH5の発表に合わせ、マイクロフォーサーズシステム用の交換レンズ、全5本を発表した。なかでも注目はLEICAブランドの24-120mm(35mm判換算)の標準ズーム、LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/f2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S。ライカの厳しい光学基準をクリアし、F2.8-4.0(ELMARIT)の明るさを実現した。非球面レンズ4枚を含む12群14枚構成で、ズーム全域で優れた描写特性、美しいボケ味を楽しむことができる。最新の光学設計により、4K動作撮影中のズームやパンニング時の露出変化制御、AFサーチ時の高速・高精度・清音化を実現した。

さらに、防塵防滴仕様、マイナス10°Cの耐低温性能を実現し、幅広い撮影シーンで使用できる。操作性においては、カメラを構えたままでフォーカスモードの変更ができるAF・MF切り替えスイッチを採用し、直感的で快適な操作が可能。マイクロフォーサーズらしく35換算で24-120mmをカバーしながらも小型コンパクトに仕上がっているが魅力。価格は125,000円(税抜)、発売は2月23日。

絞り形式:9枚羽根、円形虹彩絞り、

開放絞り:F2.8(ワイド端)~F4.0(テレ端)

最小絞り:F22

フィルター径:62mm

最大径・長さ:68.4mm×86mm

質量:約320g(レンズフード、キャップ、リアキャップ含まず)

▲DC-GH5と組み合わせた状態。

4本のレンズをリニューアル

合わせて4本のレンズをリニューアル。すでに発売しているレンズをボディ側の進化に合わせて機能アップを図った。LUMIX G8より搭載したボディ/レンズ両方の手ブレ補正を最適に制御するDual I.S.2に対応し、動画撮影時の性能も向上。また外装もより高品位な仕上がりになっている。

ラインナップは以下のとおり。

H-FSA45-200:LUMIX G VARIO 45-200mm/F4.0-5.6 II/POWER O.I.S. (56,000円) 2月23日発売

H-FSA100300:LUMIX G VARIO 100-300mm/F4.0-5.6 II/POWER O.I.S.(82,000円) 2月23日発売

H-FSA12035:LUMIX G VARIO 12-35mm/F2.8 II ASPH./POWER O.I.S.(119,000円) 3月10日発売

H-FSA35100:LUMIX G VARIO 35-100mm/F2.8 II/POWER O.I.S.(140,000円) 3月10日発売

各レンズとも4K動画撮影をサポート。その内容とは、240fps駆動の高速・高精度コントラストAFに対応することで、幅広い撮影シーンにおいて被写体をしっかりとらえる。AFトラッキング性能の向上により、素早く動く被写体でも追従。また、輝度変化が大きいシーンでも絞りの変化を滑らかに制御することで、露出変化の違和感を低減し、またズーム時にも露出変化しないようにしている。

製品情報についてはこちらから。