次号は11月19日からInterBEE会場で販売!
表紙と巻頭はソニーFS7です


毎年11月といえば、InterBEE。今年は19日からですから、
ビデオサロン12月号の発売のタイミングになります。
ということで、会場では12月号を販売致します。


ということと直接関係があるわけではないのですが、
表紙はおそらく来場者にもっともアピールするのではないかというカメラ、
ソニーPXW-FS7です。
巻頭に近いところで6ページのレポートも掲載しています。
以下、誌面での未使用カットより。
(実はすべてAX100の4K撮影の動画から1コマ抜いています。動画素材を撮りながら、写真も押さえられるという、なんともズボラ…いや効率のよい仕事カメラ)
この角度から見ると、カメラがしっくりカメラマンに固定されている印象。
カメラを押し当てている感じ。
Wfs714.jpg
肩パッドは少し動かすことができる。一番後ろにしてショルダーに。
これを見てもわかるように、軽いレンズが装着されている状態なら、右手のグリップでカメラ全体を支えることもできる。フレームとボディは菊座でがっちり固定できるとともに、角度調整ができる。
Wfs708.jpg
秀逸なグリップハンドル。右手でアイリス、RECスタート、ズーム(対応ズームレンズ)、メニュー操作、フォーカス合わせのための画面拡大などができる。
Wfs706.jpg
ハンドルアームはこのようにボディ側に折りたたむと地面に置いたり、三脚に装着しやすくなる。
Wfs717.jpg
詳しくは、12月号をお読みください〜。