【CP+2024】Leofotoはカメラマンのステージをメインに。ビデオ雲台の新製品はまもなく正式発表。


Leofotoは、カメラマンのステージで多くの人を集めていたが、ここでは映像制作に関係しそうな新製品をピックアップする。Inter BEEでも参考展示されていた、本格的なビデオヘッドはここでも展示されていた。ザハトラー方式のカウンターバランスを段階的(3段階と0)にとれるシステムを採用。リング部分はシルバーというデザイン。まもなく正式に発表されるという。

望遠レンズを安定して固定できるジンバル雲台は小型タイプで、かつこのように折りたためて持ち運べるものが登場する。

ギア雲台は、厳密に構図を決めたい風景カメラマンに人気があるという。Leofotoでは角形形状のG6というモデルを参考出品。いつ発売になるのかという問い合わせが多いそうだ。

三脚に固定できるスマホ用のホルダー。アルミ製で非常に軽量ながらも合成が高く、かちっと固定できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

vsw