【Inter BEE 2018】NHK/JEITA~新4K 8K衛星放送開始直前カウントダウン!! 対応機器や導入に必要な基礎知識のデモ&展示多数


12月1日に4K、8Kの衛星放送開始を直近にひかえたNHK。ブース中央上方にはカウントダウンが表示され、いよいよ本格的な次世代に突入するのかという潮流を強く感じさせる。

放送における今までの経緯をまとめた半円表示が去年に引き続き展示。去年と違うのは「2018/12」と、その開始がもう間もなく、というアピールだ。

8K以上に身近な現実味をおびる4Kは中継車を展示。中が観られるとあって、見学の列ができていた。

研究を進めているシート状の8K有機ELディスプレイを使っての8Kリビングシアター(中は撮影禁止)には多くの人が立ち寄り、観入っていた。シアター内上方にはぐるりとスピーカーもならび、22.2chのマルチ音響システムも堪能できる。

ブース前左スペースでは4K8K衛星放送の受信環境整備のためのガイダンスをデモ。SHマーク(スーパーハイビジョン受信マーク)をはじめ、対応受信機を表すBS 4Kマーク、110°CS 4Kマーク、BS 8Kマークや、機器の組み合わせ等を説明。4Kチューナーと4Kチューナー非内蔵4Kテレビを接続するには、ハイスピードHDMIケーブルで繋ぐ必要がある。また、HDRや広色域(BT.2020)対応テレビの場合は、18Gbps対応のHDMIケーブル(プレミアムハイスピードHDMIケーブル)が推奨される。

アンテナやブースター、屋内ケーブル等の設備上の解説スペース。新BS4K視聴は従来のBS放送を受けていた2100MHzで視聴可能。BS8Kの場合は従来の2100MHz→2600MHzまでの対応が必要になってくるので設備面の検討が必要になってくる場合も。

アンテナやブースター、ましてや屋内ケーブルを変えるのは大変なので、NHKと日本アンテナが周波数変換装置を共同開発。改修工事などによる新衛星放送への対応が難しい集合住宅で、空き周波数に変換することで新4K8K衛星放送を観ることができるというもの。

録画に関しての対応機器も展示。

↑従来の放送に加えて、新4K BS、新110°CS 4K対応のチューナー内蔵レコーダー、シャープ 4B-C20AT3(2018年11月24日発売予定)を展示。

そのほか、4Kチューナーは各社からリリースされる見通し (既発売もふくめて展示)