【Inter BEE2019】Autureの兄弟ブランドDEITYが初出展。ガンマイクやラベリアマイクなど製品ラインナップを拡充


Aputure社の兄弟ブランドとして昨年4月に設立されたDEITY MICROPHONES。Aputureブースと同じスペースに同社製品のラインナップを展示していた。製品はアマゾンやB&H等で購入できるが、現在国内での販売代理店を探している状況だという。写真は一眼等へのクリップオンでの使用を想定したガンマイクV-Mic D3 Pro。マイク後方にステップレスのゲインコントロールを備える。

 

天面にはローカットのボタンも(75/150Hzを切り替え可)。

ウィンドスクリーンを外した状態。側面には充電用のUSB−C端子と3.5mmのミニジャック。内蔵バッテリーを搭載し、50時間以上の連続使用が可能。

 

2.4GHz帯のワイヤレスマイクシステム・DEITY CONNECT。BP-TX(送信機)とDUO-RX(受信機)のセット。24bit/48kHzの音声を伝送できる。技適申請中。

 

ミニジャックやXLR端子でマイクと接続して24bit/48kHzの音声をワイヤレス伝送できる送信機HD-TXも近日中に発売予定。受信機はDUO-RXに対応。内蔵バッテリーで10時間の連続駆動に対応。SDカードを備え、録音も可能になるという。

 

近日中に登場予定の新製品ラベリアマイクW.Lav Pro(左)とW.Lav Micro(右)。Proは4mmカプセルでIP57の防水性能を持つ。Microは3mmカプセル。