【Photo EDGE Tokyo 2019】SAEDA、日本の総代理店業務を務めるLoupedeckとPhottix社の製品を展示


株式会社 SAEDA(サエダ)は広島県内にカメラ専門店「カメラのサエダ」や写真スタジオを運営しているが、2019年から事業を拡張し、Loupedeck(ループデック)やPhottix(フォティックス)などの海外製品の輸入販売を開始。ブースでは2018年から販売を始めたフィンランドのメーカー、Loupedeckの写真動画編集コンソール「Loupedeck Plus」と、香港のストロボメーカーPhottixのLEDライトを、発売済みの「M180」から、今後の発売を検討している製品まで展示していた。

▲Loupedeck Plus

Adobe Lightroom Classicなどの写真のRAW現像ソフトに対応したコンソール。これを使うことにより、マウス操作では難しい、複数のパラメーターの同時調整や調整中の写真をフルスクリーン表示しながら現像が可能になる。現在販売しているPlus版では、ダイヤルの操作感などを改善したという。次のバージョンも検討中とのことで、もう少し小型にする方向を模索しているそうだ。

▲設定を変更することにより、Adobe Premiere ProのLumetriカラーでの動画のカラーグレーディングでの利用も可能。ただし、イン点やアウト点を設定するといったキーの割り振りはできない。

 

▲Phottix M180

スマートフォンサイズ(幅151×高さ80×奥行9.8mm)のLEDライト。電源は充電式。最大電力の場合、約90分の連続点灯が可能。明るさは最大1600Lux(0.5m)、色温度も3200K~5600Kまで調整できる。1/4インチのネジ穴があるので、カメラのアクセサリーシューに取り付けて使用したり、ネット配信用の手軽な照明ツールとしても利用できる。税込12,990円。

▲M180はUSBの外部バッテリーとしても利用できるところはユニーク。

 

▲中央の横長のLEDライトが「Phottix Nuada P」(参考展示)。幅255×高さ100×奥行30mm、ソニーのLシリーズのNP-Fバッテリーを利用する。明るさは最大830Lux(0.5m)、色温度は3300K~5600Kの範囲で調整できる。参考展示ではあるのものの、18,130円の価格が提示されていた。

 

【左】「Phottix Nuada R3」。幅428×高さ433×奥行33mm、電源:ソニーLバッテリー、明るさ:最大1100Lux(1m)、色温度:3200K~5600K、税込36,470円(参考展示)。【中央】「Phottix Nuada S3」。幅376×高さ266×奥行25mm、電源:ソニーLバッテリー、明るさ:最大850Lux(1m)、色温度:3200K~5600K、税込22,410円(参考展示)。【右】「Phottix Nuada S3」。幅376×高さ266×奥行25mm、電源:ソニーLバッテリー、明るさ:最大850Lux(1m)、色温度:3200K~5600K、税込16,500円(参考展示)。

 

▲裏面の調整ダイヤル。