LINE、有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」を今夏より提供。券売から販売促進・配信・課金まで一元化


LINE株式会社は、チケット(視聴権)購入から事前通知による販売促進配信・配信・課金まで一元化した有料オンラインライブ「LINE LIVE-VIEWING」を今夏より提供することを発表した。さらに、サービス開始に伴い、5月28日から6月30日までの申し込みで、販売手数料率が「0%」となる期間限定キャンペーンを実施する。

新型コロナウイルス感染症の流行により、ライブ・コンサート、握手会、ファンミーティングなどが相次いで中止・延期しており、オンライン上での開催が余儀なくされている一方、オンラインでの実施や収益化を模索する企業・アーティストも多く、現在の環境に合った新しいビジネスモデルの形が必要とされていることなどから同サービスの開始に至ったという。

「LINE LIVE-VIEWING」は、チケット(視聴権)購入から事前通知による販売促進配信・配信・課金まで一元化、ブラウザ(スマホ・PC)の高画質配信(横型・縦型)にも対応しており、音楽ライブやトークライブから握手会まで、様々なジャンルのイベントに対応できる。また、イベント当日の朝に「LINE公式アカウント」を通じてプッシュ通知を送ったりなど、LINEの各サービスと連携したプロモーションにより、ライブ視聴を促進・拡散することも可能。今年5月開催したBLOCK.FESTIVAL(主催: block.fm)とコラボレーションしたオンラインライブでは、約48万人が視聴し、当日は1,300枚以上のオリジナル応援アイテム(Tシャツ:4,000pt)を視聴者が購入した。

さらに、自宅ライブ・スタジオライブからアリーナ公演中継まで数々のライブ配信を手掛けてきたスタッフによる「サポート体制」や、業界トップレベルの「低コスト」を実現するとともに、本日5月28日から販売手数料率が「0%」となる期間限定キャンペーンを特別開催。(※ 5月28日〜6月30日までの期間に申し込み、8/31までに実施される配信案件で、初案件のみ。)

視聴者は、「LINE LIVE-VIEWING」を活用することで、ライブ配信中にアーティストの会話に参加したり、オリジナル応援アイテム(課金性)を送ったりすることができ、従来の一方的に映像を流すライブ配信では感じることが難しい「一体感」「非日常感」を、そのままオンラインで体感することができるという。

 

「LINE LIVE-VIEWING」 概要

■チケット(視聴権)購入から事前通知による販売促進配信・配信・課金まで一元化

オンラインライブの実施や収益化をよりスマート化するため、チケット(視聴権)購入から事前通知による販売促進配信・配信・課金まで一元化を実現し、現在の環境に合った新しいビジネスモデルを提供。応援アイテム(投げ銭)、コメントの有無、アーカイブ期間まで、主催者が自由にカスタマイズすることも可能となっており、手軽にオンラインライブ・コンサートを導入することができる。

 

充実した有料オンラインライブの環境を提供。販売手数料率0%キャンペーンも期間限定で開催

ブラウザ(スマホ・PC)の高画質配信(横型・縦型)にも対応しており、音楽ライブやフェスから握手会まで、様々なジャンルのイベントに対応。本日5月28日から販売手数料率が「0%」となる期間限定キャンペーンを特別開催。(※ 5月28日〜6月30日までの期間に申し込み、8/31までに実施される配信案件で、初案件のみ。)

*料金プランとサポート体制*

・セルフ配信プラン:無料
配信機材、カメラ、Switcherを自身で用意

・配信スタジオプラン:20〜30万円(機材・人件費込み)
LINE社専用スタジオ利用が可能
2〜3カメ + スイッチング + 配信
アコースティック演奏可能(ドラム持ち込み不可)

・お任せプラン:別途見積もり
スタジオ、カメラ、スイッチング、配信までお任せプラン

※各プランは予算・要望に応じてアレンジ可能

 

◉申し込み・問い合わせ
https://feedback.line.me/enquete/public/695-MqHpaz3I

LINE株式会社
https://linecorp.com/ja/