エーディテクノ、
HD BaseT HDMIエクステンダーを発売


株式会社エーディテクノはmabco(マブコ)が開発する、厚さ約15mmの極薄サイHDBaseT HDMIエクステンダー送信機 [型番:HD-06TX]と受信機 [型番:HD-06RX] を3月16日(水)より発売する。
送信機 [HD-06TX]と受信機 [HD-06RX]の間をカテゴリ6/5eのLANケーブル1本で接続し、1080/60p/48bitの信号を最大60m (4KUHD@60信号を最大30m)まで、HDMI信号を非圧縮で伝送できるHDBaseT規格を活用したHDMI延長器。帯域は最大10.2Gbpsで、3D、HDCP2.2、CEC、最大7.1chの高品位オーディオにも対応し、非圧縮伝送が可能なため、画像の劣化を少なく長距離伝送が可能.。加えて双方向でのRS-232Cシリアル通信とリモコン信号伝送が可能です。
 また、LANケーブルにて電源を伝送するPoC(パワー・オーバー・ケーブル)に対応。設置環境を考慮しHD-06TX、またはHD-06RXのどちらかにACアダプターを接続するだけでHD-06TXからHD-06RX、またはHD-06RXからHD-06TXの双方向での電源供給に対応する。


ad.jpg
▲左が送信機 [HD-06TX]、右が受信機 [HD-06RX]
型番: HD-06TX
価格: オープン(市場想定2万円前後)
型番: HD-06RX
価格: オープン(市場想定2万円前後)
筺体にはアルミを採用し厚さ約15mmの極薄サイズながら、受信機側(HD-06RX)の発熱は同社従来品と比べ約20%低減。より安定した信号伝送を可能とする。
RS-232Cシリアル通信接続コネクタには、非脱落型(キャプティブ・スクリュー)を採用。ACアダプターを接続する電源DCコネクタにも抜け防止のネジ式コネクタを採用し、設置現場でのケーブル抜け防止に適した設計となっている。
遠距離に設置したモニターやプロジェクターへの映像・音声伝送に加え、双方向での電源制御やリモコン制御を1本のLANケーブルでコントロール可能。IR帯域幅は20KHz~60KHzまで対応するため、多様なIR信号制御にご利用いただけます。
ホームシアター、デジタルサイネージ、セキュリティーカメラ、院内システム、会議室や教室に設置されたプロジェクター等、映像や音声の長距離伝送を必要とする環境で、LANケーブルを使用できるHDBaseT HDMIエクステンダーを採用することで、現在、多用されている長尺HDMIケーブルとブースター利用での組み合わせ設備費用と比べ、安価にシステム構築が可能となる。
■製品情報ページ
【HD-06TX】
http://www.ad-techno.com/products/mabco/HD06TX/
【HD-06RX】
http://www.ad-techno.com/products/mabco/HD06RX/