キヤノンからバリアングルモニター搭載のEOS Kiss X5発売


キヤノンはデジタル一眼レフの新製品「EOS Kiss X5」を発表した。発売日は3月3日(木)で、市場想定価格はボディのみで9万円前後の見込み。「EF-S18-55mmF3.5-5.6IS IIレンズキット」(想定10万円前後)、「EF-S18-55mmF3.5-5.6IS II、EF-S55-250mmF4-5.6ISダブルズームキット」(想定13万円前後)も同時発売する。
前モデルKiss X4と同様、APS-Cサイズ、約1800万画素のCMOSを搭載し、フルHDの動画撮影機能を搭載する。HD動画撮影モードは1920×1080・29.97p/1920×1080・23.97p/1280×720・59.94p の3つ。

EOS-Kiss-X5.jpg


バリアングル液晶、ビデオスナップ、動画デジタルズームを新搭載


EOS-Kiss-X5_monitor.jpg

動画撮影という観点での進化点は、まず、3.0型ワイド・104万画素のバリアングル液晶モニターを搭載したところ。ハイアングルやローアングルの撮影でも楽にモニターを確認できるようになった。
また、ビデオカメラiVISシリーズではすでに搭載している「ビデオスナップ」機能を、EOSシリーズで初めて搭載。録画スタートボタンを押すと設定した秒数(2秒/4秒/8秒)を録画し、自動でストップ。撮りためたシーンをBGM付きで連続再生し、ショートムービーのように楽しむ機能。付属ソフト「EOS Utility」を使って好みの音楽ファイルをSDカードに取り込み、BGMに使用することも可能だ。
Kiss X4では約7倍(2800mm相当)に画面を拡大して640×480の動画を撮影できる「動画クロップ」機能があったが、X5では解像度はフルHDのまま、画面中心部を約3倍~10倍まで拡大できる「動画デジタルズーム」機能に進化した。30fps、25fps、24fpsのすべてのフレームレートに対応する。
静止画機能では、カメラが撮影状況を判断して露出、フォーカス、ホワイトバランス、オートライティングオプティマイザ、ピクチャースタイルを自動で制御する「シーンインテリジェントオート」、4:3、1:1、16:9から選べる「マルチアスペクト機能」、“くっきり鮮やかに“、“ふんわりやわらかく”などから仕上がりイメージを選べる「表現セレクト」など、多彩な機能を搭載しているが、残念ながら動画撮影は適用外になる。

入門者向けデジタル一眼Kiss X50も発売


EOS-Kiss-X50.jpg

なお、Kiss X5よりさらに入門者向けのデジタル一眼レフ「EOS Kiss X50」も発表された。こちらは3月下旬発売予定で、想定価格はボディのみで5万円前後。ボディカラーはブラックとレッドの2種類。
レンズキットは「EF-S18-55mmF3.5-5.6IS IIレンズキット」(想定6万円前後)、「EF-S18-55mmF3.5-5.6IS II、EF-S55-250mmF4-5.6ISダブルズームキット」(想定9万円前後)に加え、50mmの単焦点レンズをセットにした「EF-S18-55mmF3.5-5.6IS II、EF50mmF1.8 IIこだわりスナップキット」」(想定7万円前後)も用意する。X50の動画撮影機能は720pモードのみとなる。
●EOS Kiss X5製品ページ
http://cweb.canon.jp/camera/eosd/kissx5/index.html
●EOS Kiss X5ほかプレスリリース
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2011-02/pr-eoskissx5.html