セレボ、PCレスライブ配信機器 Liveshellシリーズ最上位モデル Liveshell Xを発表


ximage.jpg
 セレボはHDMI入力の映像をH.265にエンコードし、1080/60pのライブ配信やmicroSDへの同時録画に対応するLiveshell Xを発表した。発売は2016年夏を予定しており、価格は同社直販サイト「Cerevo official store」で69,800円(税別)となる。

配信中の同時録画や3ch同時ストリーミングにも対応

dashboard.png
▲LiveShell Xの操作画面。ブラウザ上のDashboardというアプリで操作する。
配信時の画質は従来モデルのLiveShell PROやLiveShell 2では最大720/30pまでとなっており、配信中は録画することはできなかったが、Liveshell Xでは最大1080/60p(ビットレートは最大20Mbpsで現在調整中)で配信が可能になっており、配信中のmicroSDへの録画にも対応した。
さらにYouTube liveやTwitch、Ustreamといった各種配信サイトへ同時に3ストリームの動画を配信できるようになった。

要望の多かった透過PNGにも対応

transparent.png
LiveShellシリーズで搭載している画像挿入機能では、要望の多かった透過PNGをサポート。画像の背景を透過したPNG画像を使うことで、テキストやロゴのみをライブ配信映像に重ねて表示できる。

PCやタブレットでのリアルタイムプレビューも

vnc.PNG
 「VLC Player」などのアプリケーションを利用することで、ライブ配信や録画中の映像をタブレットやPCで同時にストリーミング再生できる。HDMIモニターや分配器などを別途用意することなく、ほぼリアルタイムにライブ配信の映像を確認できる。

装備端子やボタン配置

x_spec-front.png
▲本体前面
x_spec-back.png
▲本体背面
 アナログ音声入力(ステレオミニ)や5GHz帯の無線LAN、有線LANポートなども備える。microSDは本体側面に備えられている。バッテリーは内蔵で連続3時間駆動する。

●製品情報
http://static-shell.cerevo.com/x/ja/product.html
●ニュースリリース
https://info-blog.cerevo.com/2016/04/19/2232/