ソニー、60p/24p撮影に対応したハンディカムCX700V、CX560Vを発売。新開発のCMOSも搭載!


ソニーは、1920×1080/60pに対応したCX700VとCX560Vを2月25日に発売する。価格はそれぞれオープンで、市場想定価格はCX700Vが13万円前後、CX560Vは11万円前後となる見込み。


HDR-CX700V_LensHood1_BK-1200.jpg
ソニー
HDR-CX700V
オープン価格(市場想定価格13万円前後)

60p/24p記録に対応するほか、映画のような映像を撮れるシネマトーン機能を搭載。


 CX700とCX560Vの記録方式はAVCHD。1920×1080/60iのほか、24pネイティブ記録やシネマトーン(シネマトーンガンマ/シネマトーンカラー)に対応。最高1,920×1,080ドット /60pのPSモード(28Mbps)に対応する。60pは、現状BDプレーヤーなどAVCHD機器での再生はサポートされていない。
 両モデルとも新開発の16:9のアスペクトを採用した1/2.88型 Exmor R CMOSセンサーを搭載。従来までのように4:3から16:9の画素を切り出す必要がないため、動画撮影時の有効画素数が415万画素から614万画素に向上した。
 レンズは、F1.8〜3.4。ズームは光学10倍。画質を劣化されないエクステンデットズームと併用することで最大14倍を実現した。広角も26.3mmと家庭用ビデオカメラとしては最もワイドになっている。
 CX700VとCX560Vの主な違いは内蔵メモリの容量とビューファインダの有無。CX700Vは内蔵メモリが96GBで、ビューファインダがついている。CX560Vは64GBでビューファインダーは非搭載となる。CX700Vにはフードが付属する。
 両者ともSDカード、メモリースティックスロットを搭載している。液晶モニターは3.0型/92.1万画素のエクストラファイン液晶。UIも前モデルから一新された。
■CX700Vの製品情報
http://www.sony.jp/handycam/products/HDR-CX700V/
■CX560Vの製品情報
http://www.sony.jp/handycam/products/HDR-CX560V/
■ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201101/11-0113B/