ソニー、AVCHD動画データの復旧に対応したSDHCカードとおでかけ転送対応のメモリーカードリーダーを発売


 ソニーから、フルハイビジョン動画(AVCHD)のデータ復旧に対応したSDHCカードが発売される。発売日は11月10日で、オープン価格。

SF_32NX.jpg

SDHCメモリーカード「SF-32NX」

 カードは32GB、16GB、8GBの3モデルで、購入者は「Memory Card File Rescue(メモリーカードファイルレスキュー)Ver.3.0」というデータ復旧ソフトウェアをパソコンにダウンロードすることができる。従来からソニー製メモリースティック、SDカード購入者に提供されてきたが、今回Ver.3.0にバージョンアップし、業界で初めてAVCHD動画の復旧にも対応した(著作権保護されたファイルやゲームデータの復旧には対応しない。また、すべてのデータ復旧は保証されない)。
 カードはスピードクラス・CLASS10に対応し、最大22MB/sの高速データ転送が可能。ビデオカメラやデジタル一眼でのハイビジョン動画撮影、連写撮影、大容量データの高速転送などに適している。
●SDHCカードラインナップ

型番 発売日 価格
SF-32NX(32GB) 11月10日(水) オープン価格(推定23,000円前後)
SF-16NX(16GB) 11月10日(水) オープン価格(推定12,000円前後)
SF-8NX(8GB) 11月10日(水) オープン価格(推定6,000円前後)

 同時に、メモリーカードリーダー「MRW-F3」も発売する。動画を撮影したSDカード/メモリースティックをこのカードリーダーに挿入してテレビやBDレコーダー、プレイステーション3などに接続するとカード内の動画を再生できるという製品で、ビデオカメラで撮影した映像をケーブル接続なしでテレビで鑑賞することができるようになる。
(※USB端子を装備し、AVCHD動画や写真のスライドショー再生に対応した製品で使用可能。)
 また、ソニー製BDレコーダーからの「おでかけ転送(メモリースティックのみ)」にも対応し、録画した番組をPSP(プレイステーション・ポータブル)や「おでかけビューア2(11月10日よりダウンロード提供開始)」をインストールしたパソコンで楽しむことが可能。PSPへの転送の場合、従来のケーブル接続よりも約1.5倍転送速度が速くなるという。

MRW_F3.jpg

メモリーカードリーダー「MRW-F3」

●MRW-F3

型番 発売日 価格
MRW-F3 11月10日(水) オープン価格(1,400円前後)

●製品のリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201010/10-1019/
●メモリーカード、メモリーカードリーダーの詳細についてはこちら
http://www.sony.co.jp/Products/memorycard/index.html