ソニー「ウォークマン X1000シリーズ」はなかなか良い


気になっていたソニー「ウォークマン」のフラッグシップX1000シリーズ。BDレコーダーで録画したテレビ番組を「おでかけ転送」して、通勤時間帯でテストしてみた。


◆恐るべし「ノイズキャンセリング機能」の実力
好きな人などいないと思うが、私は本当に通勤電車に乗るのが嫌いだ。ルールを守らない人が多いせいだが、特に苦しめられているのがヘッドホンからの音漏れと、PSPの操作音(キーの連打)。さりとて、「音が漏れてますよ」とか、「キーを押す音がうるさい」と言えない自分もいや…。
全然、本題からずれているようだが、そうではない。今回テストしたNW-X1060に綾瀬はるか主演の「ホタルノヒカリ」を転送し、通勤してみたが、嘘のように周囲の存在が気にならない。あの綾瀬はるかの何とも言えない魅力的な声だけがストレートに聞こえてくる。そのせいか、あっと言う間に利用駅に到着。時間って、本当に気分次第で長くなったり短くなったりするものだ。
もうどうしようもないくらい大きい音漏れの場合でも、果たして効果があるのかどうかはまだ試せていないが(まだそういうマナー違反の人に出会えていない)、あまり耳に心地よくない女性のかたがたの猛烈なおしゃべりにも遮断効果はあった。これは凄い。周りの音が気にならないために、こちらも必要以上に音量を上げなくても、ドラマのセリフは明瞭に聞こえてくる。
小さい画面だけに、画質は普通に綺麗。長時間モードの映像はさすがにブロックノイズにまみれるので私は使わないと思ったが、高画質モードを使えば、テロップも何とか読める。少し気になったのは、タッチ操作の反応。私の指と相性が悪いのか、何度かタッチしなおさないといけないことが多かった。
それにしても欲しいな~、なんだけど、前にも書いたとおり、家で使ってるX90の「おでかけ転送」機能にはこのX1000シリーズは非対応。なぜなんだよ~、ソニー!! ということで、ソニーBDレコーダーのAシリーズや最新のXシリーズユーザーの方にはおすすめ。ついでに、再放送だけど「ホタルノヒカリ」もおすすめ。まだ第4話までなので、これからでも間に合うかな!?<記/編集部S>
X1060_0515.jpg
▲動画ファイルから見たいシーンを素早く頭出しするための「シーンスクロール」機能。タッチパネルをシュッと横に動かすと、サムネイルもサーッと移動する。