ソニーからプロジェクター内蔵のPJ40Vが登場!


ソニーからプロジェクター内蔵モデルHDR-PJ40Vが2月25日に発売される。価格はオープンで市場想定価格は10万円前後になる見込み。


PJ40V.png
ソニー
HDR-PJ40V
オープン価格(10万円前後)

60pや24p記録も可能


 プロジェクターは液晶背面に搭載されており、640×480ピクセル、コントラスト1500:1、明るさ10ルーメンとなる。最大で60インチ(投影距離3メートル時)の映像を投影することができ、ステレオスピーカーとデジタルアンプ「S-Master」も搭載し、これ一台で撮影、視聴を楽しめる。
 4:3記録の1/4型Exmor R CMOSセンサーと画像処理エンジンBIONZを搭載する。有効画素数は16:9の動画撮影時で265万画素、4:3の静止画撮影時で354万画素。レンズのF値は1.8〜3.4。35mm換算で広角29.8mm。光学12倍ズームとなる。内蔵メモリは64GBを搭載する。
 1920×1080/60p記録に対応するほか、24pのネイティブ記録にも対応。液晶モニターは3.0型23万画素で、タッチパネル操作に対応する。
 また、下位モデルのPJ20も登場する。価格はオープンで想定価格は8万円前後。PJ40Vと同じCMOSを搭載し、有効画素数は16:9の動画撮影時で149万画素となる。内蔵メモリは、32GB。こちらは24p撮影には対応していない。光学ズームは30倍。
■PJ40Vの製品情報
http://www.sony.jp/handycam/products/HDR-PJ40V/
■PJ20の製品情報
http://www.sony.jp/handycam/products/HDR-PJ20/
■ニュースリリース
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201101/11-0113B/