ニコンDXフォーマットの中級機「D7000」発表


ニコンは10月29日に新型デジタル一眼レフ「D7000」を発売する。価格はボディのみがオープン価格(実勢価格14万円前後)、18-105 VRレンズキットが実勢18万円前後、18-200 VRⅡレンズキットが実勢23万円前後となる見込み。


D7000_1.jpg
 D7000は、ニコン製品のラインナップでは、D90と同じく中級クラスに位置するモデル。今回のモデルでは、新開発のDXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 2」を搭載。有効画素16.2メガピクセル、常用ISO感度はISO100~6400(ISO25600相当まで増感設定も可能)。ファインダーは視野率約100%、約0.94倍を実現。また、分割数を倍増した2016分割RGB測光センサーを搭載し、オートフォーカス、自動露出、オートホワイトバランスの制御などに反映している。

気になる動画機能


動画は先日9月16日に発売になるエントリーモデルD3100と同じく、フルHD(1920×1080 24p)を採用。コントラストAFでピント合わせができる。モードを常時AFサーボ(AF-F)、AFエリアモードを「ターゲット追尾AD」に設定すると動く被写体もフォーカスが追尾するという。また、マニュアル撮影時に、動画撮影中にシャッタースピードとISO感度を変更することができる。さらに、動画から静止画を抜き出す機能や1フレーム単位で不要部分を削除できる編集機能も搭載される。

SDカードスロットを2つ搭載


D7000_2.jpgSDXCにも対応したSDメモリーカードスロットを2つ搭載。1枚目のカードに空き容量がなくなったら、自動的に2枚目のカードに記録する「順次記録」、または同じ画像を2枚のカードに記録する「バックアップ記録」、RAWとJPEGをそれぞれのカードに記録する「RAW+JPEG分割記録」を選択できる。また、カード間でデータをコピーしたり、記録先を指定することも可能だ。






主な仕様

レンズマウント ニコン F マウント(AFカップリング、AF接点付)
有効画素数 1620万画素
撮像素子 ニコンDXフォーマット(23.6×15.6mm)
記録メディア SDメモリーカード(SDHC、SDXC)
ISO感度 ISO100~6400、ISO6400に対し約2段(ISO25600)までの増感、感度自動制御が可能
動画記録画素 1920×1080/24p、1280×720/30p、1280×720/30p、640×424/30p
動画連続記録時間 約20分
動画ファイル形式 MOV、H.264/MPEG4 Advaced Video Cording
マイク モノラル(ステレオ録音は外部マイク使用可能)
液晶モニター 3.0型92.1万画素
外形寸法(W×H×D) 約132×105×77mm
質量 約690g(本体のみ)