ネオ・プラズマパネルを搭載した「新・ビエラ」高画質モデルに65V型TH-P65V1と58V型TH-P58V1を追加


パナソニックのハイビジョンテレビ「新・ビエラ」シリーズの中でも、最高画質モデルと位置づけられているVシリーズに大型サイズの機種が追加された。65V型のTH-P65V1と58V型のTH-P58Vで、発売は9月15日。ネオ・プラズマパネルの採用で質感豊かな映像美が味わえる。


VIERA_TH-P65V1%26P58V1.jpg
「新・ビエラ」Vシリーズの特徴は、ネオ・プラズマパネルを使用している点にある。新放電ガスと新蛍光体の採用で発光効率を07年モデルの2倍までに高め、動画解像度1080本、世界最高のコントラスト比40,000:1(最大200万:1)を達成している。
パナソニックハリウッド研究所で培われた「ハリウッドカラーリマスター」により、ハイビジョンを超えるデジタルシネマにも迫る豊かな色表現を実現。映画ソフトだけでなく、テレビ放送にも有効で、さまざまなコンテンツを美しい色彩で楽しめる。シーンや信号レベルに応じて、色温度補正機能を細かく調整して適正なホワイトバランスを保つ「色温度シフト制御技術」も採用する。
高画質ユニット「HDオプティマイザー」はシーンに応じた適切なノイズ検出を行い、デジタルハイビジョン放送受信時のMPEGノイズを効果的に低減。外部入力系でもノイズリダクション回路の搭載でクリアなハイビジョン映像を楽しめる。1080/24pに対応したHDMI端子を4系統備え、24Hzで撮影・記録された映画ソフトもオリジナルのフィルムの味わいで観賞できる。サウンド面では「バーチャル3Dサラウンドシステム」の搭載で、本体の左右2つのスピーカーだけで5.1chサラウンドを臨場感ある音場で楽しめる。
高画質化の一方で、プラズマパネルの高効率化や回路の集積化などにより、約35%の省エネ化を達成。また「ビエラにリンク」の進化で接続機器の節電も図っている。
デジタルネットワーク機能も充実。対応するレコーダー等の接続機器をビエラのリモコン一つで簡単操作できる。「Gガイド」の「注目番組」対応で、最大1カ月先まで注目番組が画像つきでチェックできる。「テレビでネット」からインターネットに接続し、VOD映像配信サービス「アクトビラ ビデオ・フル」や動画共有サイト「YouTube」が利用できる。SDカードスロットも備え、ビデオカメラで撮影したフルハイビジョン映像(AVCHD)やデジカメで撮影した写真の再生もできる。
TH-P65V1 オープン価格(推定70万円前後)
TH-P58V1 オープン価格(推定55万円前後)
問:パナソニックお客様ご相談センター フリーダイヤル0120-878-365
http://viera.jp