リテラシー教育、キャリア教育のための映像活用セミナー


日本ビクター ビジネス・ソリューション事業部は、学校や教育現場での映像活用の研究と活性化を目指し、「映像メディア教育セミナー in 丸の内」と題して、教職員を対象とした「映像活用セミナー」を11月6日と13日の2週連続で開催する。近年、学校教育の現場で重視されている「メディアリテラシー」や「キャリア教育」。この二つを軸に、教育における映像制作の導入の効用や可能性についてレクチャーする。会場はJVCケンウッド丸の内ショールーム。


巷に溢れる情報に流されず、自ら情報を選び取って理解する力、激しい社会状況や環境の変化に対応する力、主体的に進路を選び社会人として自立していく能力。これらを身につけるためには、どのような教育が効果的なのか。
この連続セミナーでは、学校教育に映像制作を取り入れることで学生はどのような「学び」を得ることができるのか、実例を挙げながら教育現場への映像制作導入について考えていく。講師は五嶋正治氏(東海大学文学部広報メディア学科准教授)と松野良一氏(中央大学総合政策学部教授)。定員30名で、事前予約が必要。入場無料。
goto%26matsui.jpg
五嶋正治氏(東海大学文学部広報メディア学科准教授)         松野良一氏(中央大学総合政策学部教授)
日程と内容は下記のとおり。
11月6日(土) 13:00~15:00
講師:五嶋正治
オランダ・ワンミニッツ映像祭、日本ユニセフ協会映像制作ワークショップの活動実践をベースに、世界で広まる1分間映像作品制作の現状と効用について
11月13日(土) 13:00~15:00
講師:松井良一
大学での映像制作や番組制作実習を通して、学生たちが経験する真の喜びについて
問・予約 : JVCケンウッド丸の内ショールーム
東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
Tel.03-3213-8775
http://www.jvc.co.jp/pro/event/