ローランドからA4サイズの半分 超コンパクトHDスイッチャーV-1HDが登場!


v-1hd_01.jpg
ローランドは、コントロールパネルを含めて外形寸法が幅313×奥行102×高さ59mmと超コンパクトなHDスイッチャー・V-1HDを12月に発売する。価格は128,000円を予定している。

このサイズなのに4chフルHD入力を搭載

V-1hd_02.jpg
コンパクトながらフルHDのHDMI4入力を備え、プレビュー出力からはフルフレームの4分割マルチ画面を出力できる。さらに外部音声入力とマイク入力も搭載し、HDMI経由のカメラ音声4系統と合わせて合計6系統の音をミックスするオーディオミキサー機能を備える。それぞれの音声を500msまでディレイさせたり、リバーブやEQなどその他の細かな音質調整も可能になっている。
スイッチングはカット、ミックス(オーバーラップ)に加えて30種類のワイプにも対応することができ、Tバー状のフェーダーも備える。PinPや2画面スプリットも装備し、セミナーやプレゼンテーションからゲーム実況まであらゆるシチュエーションをこなせる潜在能力を持つ。また、クロマキーやルミナンスキーによる合成も行うことができる。
v-1hd_03.jpg
▲背面端子。カメラ入力はHDMI4系統。USBはWindows端末やiPadとつないでアプリ操作も可能になっている。無駄のなく配置された端子類が印象的。
v-1hd_04.jpg
▲音声入力はRCA(LR)のほか、本体側面にステレオミニプラグを備えプラグインパワーのマイクも使える。ヘッドホン端子も備え音量はツマミで調整可能。
スイッチャー内部ではすべてプログレッシブ処理されているが、背面にある切替スイッチで1080p/1080i/720pを切り替えて使える。1080入力の場合はiとpを混在して使える。画面解像度さえ合っていればパソコンやスマートフォン、タブレットの画面をコンバーターなしに接続できるのもありがたい。
v-1hd_app.jpg
また、本体のみでも一通りの操作は可能だが、背面のUSBをWindows端末もしくはiPadに接続すると専用アプリで、操作状況をグラフィカルに確認できる。iPadに接続する場合は別途iPadカメラコネクションキットが必要。アプリはローランドのホームページからダウンロードできる。

V−1HDのプロモーションビデオ


◆製品情報
http://www.roland.co.jp/products/v-1hd/