ヴェンダース監督の新作映画にDaVinci Resolveを使用


ブラックマジックデザインは、ヴィム・ヴェンダース監督の最新作「Every Thing Will Be Fine」のカラーグレーディングに同社のDaVinci Resolveが使用されたと発表した。
ETWBF-3.jpg
Copyright: Warner Brothers


「Every Thing Will Be Fine」は、不慮の事故により子供の命を奪ってしまった小説家が主人公。主人公の深い苦悩やトラウマといった感情をより効果的に演出するため、3Dで撮影されている。ジェームズ・フランコ、レイチェル・マクアダムスらが出演。ヴェンダース監督にとっては初の3Dドラマ作品となる。
本作のカラーグレーディングを手がけたのはArri Film & TV Services Berlin のカラリストであるフィリップ・オーガサ氏。オーガサ氏は、ステレオスコピックの制作環境で、リッチなコントラストとビジュアル・エレメントを扱わなければならないという課題に向き合うこととなった。
「ヴェンダース監督の他の作品と同様に、このストーリーでは『色』がひじょうに重要な役割を果たしています。しかし、3D眼鏡をかけると光の量が狭められてしまうのです。コントラストを上げ過ぎると、ディテールが損なわれるリスクが生じます。そのため、撮影監督のブノワ・デビ(Benoît Debie)がカメラに捉えた躍動感を残すために、多くの技法を駆使する必要がありました。グレーディング作業では、全体的にResolveのノイズ除去機能を使用しましたが、これにより、3Dでひじょうにリッチなコントラストを生み出すことができました。また、グレーディングシアターでは、3D眼鏡をかけて作業しました。これは、3D効果によって得られる奥行き感と感情的な繋がりをそのまま残すためです(オーガサ氏)。」
ETWBF.jpg
Copyright: Warner Brothers
ヴェンダース監督は作品中で自然光を多く使用する。オーガサ氏は、明るい太陽光の下で撮影したショットのディテールを損なわないために、Resolveのルミナンスキーを重宝したと言う。「ほぼすべてのフレームでキーが使用されていますが、雪に閉ざされた冬のカナダで撮影された1つの長いシーンで特に顕著です。通常、ステレオ投影の弱点により雪のディテールは飛んでしまいますが、このディテールを残しておく必要があったのです。」
また、エレメントをスクリーンから飛び出させるためにすべてに焦点を当てる一般的な映画の3D効果とは異なり、観客をドラマに引き込むという逆の効果を持ったシネマライクなルックと雰囲気を残したいとヴェンダース監督は考えていた。そのため、同作には通常の劇場映画と同様に、被写界深度が浅くフォーカスの合っていないエレメントが多くあったのだという。「フッテージからデジタルなルックを消すためにプリントLUTを使用しただけでなく、ResolveのPower Windows機能を使って、両目の映像を同時にトラッキングしました。特定のエレメントにはシャープニングやブラーも使用しました。これはひじょうに複雑な作業でしたが、同時に、従来の撮影方法による映像の美しさを残しつつ、ステレオ効果のバランスを最大限に調整するという、非常に面白い作業でした」とオーガサ氏は語っている。
●ブラックマジックデザイン
www.blackmagicdesign.com/jp