第8回インディーズアニメフェスタ開催


第8回となる「インディーズアニメフェスタ」が作品を募集中。アニメーション制作の新しい才能の発掘を目的として三鷹市が主催する映像イベントで、NPO法人三鷹ネットワーク大学を中心とした実行委員会が組織され運営にあたっている。協賛はアニメーション制作ソフト「RETAS STUDIO」の開発発売元である(株)セルシス。応募締め切りは2010年1月29日(必着)で、3月7日に三鷹市芸術文化センター・星のホールにて「インディーズアニメフェスタ2010」を開催する。


iaf08.jpg
市内に多くのアニメーション関連会社があり、「三鷹の森ジブリ美術館」もある三鷹市では、アニメーションを文化振興の柱の一つに位置づけている。その一環として「インディーズアニメフェスタ」を毎年開催している。アニメーションであれば基本的に表現スタイルは自由。昨年からはジャンルをさらに広げ、科学的なデータを基にした作品や研究の成果をビジュアル化した作品を表彰するサイエンティフィック・ビジュアライゼーション賞も新設している。

応募概要は以下のとおり。
応募資格
制作者 : 国籍、個人・団体、プロ・アマを問わず
作品内容 : アニメーション作品またはアニメーションの技術をメインに用いた映像作品。紙に描いたものからセルアニメ、コンピューターグラフィックス、クレイ、人形、影絵など、表現方法は自由。上映時間1~20分程度。作品の新旧は不問。ただし、商業的な公開をされていないものに限る。
応募方法
フォーマット : DVD(DVD-VideoまたはAVI形式)、ミニDV(SPモード)、VHS(標準モード)。極力、データで記録されたものが望ましい。1枚のディスクまたは1本のテープに1作品とし、複数の作品を応募する場合は作品ごとにメディアを用意すること。編集を行うため、コピーガードは行わないこと。作品の前後には黒コマ(空白)を最低5秒ずつ入れ、応募メディアにはラベル等で作品タイトルと制作者氏名を明記すること。
作品の送付 : 公式Webサイトから応募用紙をダウンロード、必要事項を記入のうえ、作品を同封して送付。
応募先 : 〒181-0013
東京都三鷹市下連雀3-24-3 三鷹市駅前協同ビル3F
三鷹市ネットワーク大学 インディーズアニメフェスタ実行委員会宛
応募締切 : 2010年1月29日(必着)
※卒業制作等で遅れる場合は、個別対応も検討。事前に実行委員会へ連絡のこと。
著作権についての注意
使用楽曲 : 作品内で使用している楽曲で応募者が著作権を有していないものがある場合、応募用紙の記入欄に必要事項を記入し、JASRACに対しそれらの楽曲に関するフェスタでの使用許可をとること。
既製の素材の使用 : 著作権フリーの素材を使用する場合、各素材の使用規約に従うこと。また、作品に既製のキャラクターやシナリオ等を使用する場合は、あらかじめ許可を得ていること。
作品の著作権の扱い : 応募作品の著作権は作者に帰属するが、当該作品をインディーズアニメフェスタの周知活動(公式サイトでの告知、Webでの動画配信、その他メディアでの掲載等)のために使用することがある。
作品選考
審査・発表 : 一次選考を行い、フェスタ当日(3月7日)に上映するノミネート作品を選定する。ノミネート作品は公式サイトにて発表。グランプリおよび各賞の発表はフェスタ当日、会場での発表となる。ノミネート作品の作者は、必ず出席のこと(交通費の一部を実行委員会が負担)。
賞 : グランプリ〈三鷹市賞〉10万円、審査員特別賞(賞品)、市民審査員賞(賞品)、サイエンティフィック・ビジュアライゼーション賞(賞品)
m01_space.jpg上映スケジュール
開催日時 : 2010年3月7日(日)
会場 : 三鷹市芸術文化センター/星のホール








第7回グランプリ(三鷹市賞)受賞作品
青木純「スペースネコシアター」





問 : インディーズアニメフェスタ実行委員会 Tel.0422-40-0312
公式サイト : http://www.mitaka-univ.org/iafesta/