Blackmagic Cintel Film Scannerを使用して
メキシコ古典映画を修復


Vasallo Visionグループの子会社であるCinema Artsは、スペイン語チャンネルのCine NostalgiaおよびCine Estelarで配信するために、Cintel Film Scannerを使用して、20本以上のメキシコの古典映画を復元している。
Cine NostalgiaおよびCine EstelarもまたVasallo Visionグループにより所有、運営されている。これらのチャンネルでは、50、60、70年代のコメディ、ウェスタン、ドラマ、アクションなど、数多くの映画ジャンルをカバーしており、DirectTV、AT&T、Verizon、Cox、Frontier、そしてAmérica TeVé、Canal 41 Miamiなどのケーブルプラットフォームを介してHDで配信している。メキシコに拠点を置くCinema Artsは、同チャンネルの多数の35mmメキシコ古典映画を、デジタルHDで放送するというタスクを請け負うことになった。
「このタスクは、フィルムを修復することだけではありません。」Cinema ArtsのCEO、カルロス・バサヨ(Carlos Vasallo)氏は語る。「オリジナル作品のプロデューサー、監督、脚本家が思い描いていたアートワークに忠実に、最高品質の映像を提供することが私たちの目標でした」
過去3年の間にCinema Artsは、Cine NostalgiaおよびCine Estelarに保存されていた2000本の映画のうち1000本を35mmからフルHDへ修復した。そしてCintel Film Scannerを使用して、2016年の終わりまでにすべての映画をHDへと移行することを目指している。Cinema Artsは、このスケジュールを達成するためにメキシコで初めてCintel Film Scannerを導入した。
「Cintel Film ScannerはThunderboltをサポートしており、DaVinci Resolve Studioともシームレスに動作します。他メーカーの製品と比べて、圧倒的にスピーディなフィルム修復ワークフローを実現できるのです。システムを導入してから最初の1週間で、実に20本以上の映画を修復できました。これは、以前とくらべて2倍以上の速さです」
バサヨ氏は付け加える。
「Cintelのトレーニングに参加された方々からも反響をいただいています。参加者は、これまで他メーカーのフィルムスキャナーを使っていた方が多いのですが、みなさんCintelのリアルタイム性能に非常に驚かれますね。Cintelに16mmキットとオーディオゲートを追加したら、より優れた結果を得られるようになり、さらにプロジェクトを達成するピードが飛躍的に向上するでしょう」
Cinema Artsの集約的な映画修復ワークフローは、Cintel Film Scanner、DaVinci Resolve Studioカラーグレーディング、そしてThunderboltテクノロジーを基に構築されている。まず最初にスタッフがフィルム上の目に見えるダメージを物理的に取り除き、リアルタイムでフィルムをスキャンできるよう、MacデスクトップシステムをThunderbolt経由で接続する。Cintelの拡張キャリブレーション性能により、スタッフはデジタルエレメントを微調整してDPXファイルを出力できたが、これはオリジナルのフィルム品質と同等である。


mexi01.jpg
「このタスクは、フィルムを修復することだけではありません」
Cinema ArtsのCEO、カルロス・バサヨ(Carlos Vasallo)氏は語る。
「オリジナル作品のプロデューサー、監督、脚本家が思い描いていたアートワークに忠実に、最高品質の映像を提供することが私たちの目標でした」
過去3年の間にCinema Artsは、Cine NostalgiaおよびCine Estelarに保存されていた2000本の映画のうち1000本を35mmからフルHDへ修復した。そしてCintel Film Scannerを使用して、2016年の終わりまでにすべての映画をHDへと移行することを目指している。Cinema Artsは、このスケジュールを達成するためにメキシコで初めてCintel Film Scannerを導入したのである。
「Cintel Film ScannerはThunderboltをサポートしており、DaVinci Resolve Studioともシームレスに動作します。他メーカーの製品と比べて、圧倒的にスピーディなフィルム修復ワークフローを実現できるのです。システムを導入してから最初の1週間で、実に20本以上の映画を修復できました。これは、以前とくらべて2倍以上の速さです」
バサヨ氏は付け加える。
「Cintelのトレーニングに参加された方々からも反響をいただいています。参加者は、これまで他メーカーのフィルムスキャナーを使っていた方が多いのですが、みなさんCintelのリアルタイム性能に非常に驚かれますね。Cintelに16mmキットとオーディオゲートを追加したら、より優れた結果を得られるようになり、さらにプロジェクトを達成するピードが飛躍的に向上するでしょう」
Cinema Artsの集約的な映画修復ワークフローは、Cintel Film Scanner、DaVinci Resolve Studioカラーグレーディング、そしてThunderboltテクノロジーを基に構築されている。
まず最初にスタッフがフィルム上の目に見えるダメージを物理的に取り除き、リアルタイムでフィルムをスキャンできるよう、MacデスクトップシステムをThunderbolt経由で接続する。Cintelの拡張キャリブレーション性能により、スタッフはデジタルエレメントを微調整してDPXファイルを出力できたが、これはオリジナルのフィルム品質と同等である。
mexi2.jpg
Cintelのキャリブレーションツールは、オリジナル作品の映像とカラーのクオリティを計算に入れています。つまり、傷みや損傷によるフィルムの欠陥を7〜8割方修正できるのです」
バサヨ氏は続ける。
プロダクション/ポストプロダクションチームが設定したパラメーター設定に従ってスキャンが完了したら、ファイルをDPX拡張子にダウンロード、デジタル化して、DaVinci Resolve Studioを使ってカラーグレーディングが開始される。ファイルを再度アップロード、トランスファーする必要はない。
Cinema Artsの映画修復プロジェクトは、Andrés García、Jorge Rivero、Sasha Montenegro、Maribel Guardiaなどの俳優が活躍したメキシカン・シネマ最盛期の映画など、メキシコ人から親しまれている映画を手がけている。