Foo Fighters「Sonic Highways」で舞台裏の
フッテージやBロールの撮影に
複数のPocket Cinema Cinema使用


米HBO(Home Box Office-米のケーブルテレビ局)で放送中のFoo Fighters「Sonic Highways」(全8回)で、舞台裏のフッテージやBロールの撮影に複数のPocket Cinema Cinemaが使用されている。また、移動型プロダクション・ユニットの中心には、Blackmagic DesignのHyperDeck Studio Pro SSDレコーダーおよびTeranex 2DProcessorが使用された。
トレーラーはこちらから


デイヴ・グロール(Dave Grohl)が監督を担当する「Sonic Highways」は、音楽の新しい指標をテーマとした各1時間ずつのエピソードシリーズで、それぞれの都市を特徴づける独特な歴史、文化環境、人々、さらには各地の伝説的人物がキャプチャーされている。各エピソードは、オースティン、シカゴ、ロサンゼルス、ナッシュビル、ニューオリンズ、ニューヨーク、シアトル、ワシントンD.C.(アルファベット順)で収録され、10月17日より、HBOで金曜日11:00(ET/PT)に放送されている。
Roswell Filmsのエグゼクティブ・プロデューサー、ジェームス・A・ロタ(James A. Rota)氏とTherapy Studiosのジョン・ラムゼイ(John Ramsay)氏が制作におけるすべての技術的な面を監督した。制作では、バンドのレコーディング、パフォーマンス、インタビュー、舞台裏など、計480時間を超えるフッテージをキャプチャーする必要があったため、機動性・信頼性が高く、かつ簡単なワークフローが求められた。
foofighters01.jpg
ID: Dave Grohl with guitar in studio.Photographer: Andrew Stuart
「結成20周年を迎えた彼らは何か特別なことを求めていて、それを実際にやり遂げたんです」と、ロタ氏。「彼らは、レコーディングのためだけに様々な都市を飛び回ったわけではありません。彼らは、アメリカの音楽の骨組みにおいて重要な意味を持つ象徴的な場所を訪れ、その影響をもとにアルバムを制作したのです。レコーディングスタジオを使用しましたが、ニューオリンズのプリザベーション・ホールなどでは、その場にレコーディングスタジオを作り上げました。それぞれの場所で環境が少しずつ異なるので、その過程も収録したいと考えていたんです。
「Pocket Cinema Cameraを使用するというコンセプトは、バンドのメンバーや照明スタッフ、私やジョン(ラムゼイ)など、誰かが何か面白いことを見つけたら誰でもすぐにカメラを手に取って撮影できるというものでした。サイズが小さく、持ち運びが非常に簡単なカメラですが、本当に素晴らしい画質で収録できるんです」彼は続ける。
撮影現場では、固定カメラの傍にある6つのフライパックで計6台のHyperDeck Studio Proがそれぞれ使用され、さまざまな場面があらゆる角度から収録された。カメラのフィードは、HDMI/SDI経由で、デュアルSSDスロットで継続的な収録に対応するHyperDeck Studio Proへと直接送信された。
「HyperDeckを使用してDNxHDで収録できたので、トランスコードの時間を削減できました。また、必要であればフッテージを再生し、タイムコードを付けて、設定が済んだらあとは何もする必要はありませんでした。まるで永遠に収録できるテープマシンを使用している感覚でした」と、ロタ氏。
「私たちはフライパックをカメラの近くに置いて小型ステーションのように使用し、収録が終わるとそれらをトラックに運んで次の場所へと進みました。撮影日の終わりにはドライブをDITに渡して、DITはそのメ
ディアをポストプロダクション用にL.A.に送り、ベーシックなフッテージのほとんどはすぐに手に入り
ました」
foofighters02.jpg
ID: Dave Grohl on subway platform.Photographer: Kenny Stoff
「バンドがワシントンD.C.で即興演奏をした時も、モバイルトラックをレンタルする必要はなく、カメラとHyperDeckのセットアップを使用して、その場ですぐにライブパフォーマンスを収録できました」と、ラムゼイ氏は話す。「おかげで撮影スタッフの編成も、柔軟で少人数、かつシンプルにできたので、
大型の撮影班をレンタルする必要がなく、複雑なワークフローが避けられました」
DITは、ThunderboltベースのディスクドックであるMultiDockを使用してメディアのバックアップや管理を行った。また、規格・フォーマットコンバーターのTeranex 2D ProcessorとHyperDeck Studio Proを合わせて使用し、必要に応じたフレームレートで収録し、ケイデンスの除去にも対応した。
「Teranexは必要に応じてあらゆるフレームレートで収録できるのが素晴らしいですね。ポストプロダクションで編集を開始したときも、アーカイブ用フッテージを用途に合ったフォーマットやフレームレートにするのにTeranexを使用しました。また、UltraStudio Express、Intensity Extremeなどのデバイスも、キャプチャーや再生用に数個使用しました」と、ロタ氏。「Blackmagic Designのツールは、実際に作業を行う人たちにとって本当に役立つソリューションです」
「このドキュメンタリーの過程は文字通り彼らの音楽の一部となったため、制作で発生した問題もすべ
てアルバムに反映される可能性がありました」と、ラムゼイ氏。
「しかし、何も心配は要りませんでした。Blackmagic Designのエンド・トゥ・エンドのソリューションおよびワークフローは、使用が非常に簡単でとても効率的です。何か小型の機器が必要な場合は、いつでもBlackmagic Designにあります。それらは非常にうまく機能し、価格も手頃です」
トレーラーはこちらから