ビデオコンバーターTeranex 2D Processorのある現場


 メディアシティは品川と銀座にオフィスとポストプロダクション施設を構え、TVCMやPVの撮影から編集、MA等のポストプロダクションまで請け負う。同社では古いテープや、海外向け用の映像など、さまざまなメディアやフォーマットのダビング依頼も多く、クライアントからの多様な変換の要望にも応えてきた。同社がこれらの業務を、より効率的に行なえるように、と導入したのがブラックマジックデザインのTeranex 2D Processorだったという。


teranex2dpro_01.jpg
Teranex 2D Processorを導入するメディアシティ取締役の風間敏和氏とテクニカルアドバイザーの佐藤皇氏
「それまで、とても高価だったTeranexがブラックマジックデザインから安価になって発売されたことで、これはいいな、と思い2台購入しました。アーカイブ業務をメインとして、様々な変換業務に使っています。Teranexを導入したことで、コストを抑えつつ、今まで以上にクオリティの高いサービスをお客様に提供できるようになりました(同社取締役・風間敏和氏)」
 Teranexを使用して、最近行なったのは大量のイベント映像を所有していた大手イベント会社のための
アーカイブ業務。1インチテープやD3、BetaCamテープの素材をXD CAMにアーカイブする作業で、送られてきた素材は2000本以上に及んだ。 1本の素材テープには20分から50分の映像が記録されており、フル稼働で作業終了までに5ヵ月かかったという
「はじめはTeranexではないコンバーターを使っていましたが、あまり画質に満足できませんでした。そこでTeranexを導入したところ、はるかにきれいでした(風間氏)」
teranex2dpro_02.jpg
メディアシティに設置されたTeranex 2D Processor
風間氏がTeranex 2D Processorを選んだ理由は「コスト、クオリティ、タイミング」だという。
 
 「以前から欲しいとは、思っていましたが、今回の仕事が導入に踏み切るいいきっかけになりました。また、価格も手頃なので、一度に2式購入することもできました。今までと比べて、Teranexを使って変
換したものは、エッジがシャープできれいですね(風間氏)」
 同社、テクニカルアドバイザーである佐藤皇氏はTeranex 2D Processorをこう評価する。
 「Teranex 2D Processorは、単なるコンバーターではなく、素材をそのとき必要なサイズ、フレームレート、画質に最も高いクオリティでリアルタイムに書き換えてくれる描画装置です。何の補正をかけなくてもきれいなコンバート映像を生成できますが、ノイズリダクション、色補正、シャープネス補正、ケイデンス補正などの機能を使うことで、さらに他のコンバーターでは表現できない映像を見せてくれます」

Teranex 2D Processorとは
一台であらゆる変換に対応できるビデオコンバーター


Teranex2d.jpg
 Teranex 2D Processorは、これ一台でアップコンバート、ダウンコンバート、SD/HDクロスコンバート、SD/HDスタンダード変換、ケーデンス検出および除去 ノイズリダクション、アジャスタブルスケーリング、アスペクト変換、スマートアスペクト、タイムコード変換、字幕変換など多くの機能を搭載するビデオコンバーター。3D映像に対応する3D Processorもラインナップされている。
 さらにThunderboltを採用し、Mac/PCでキャプチャやモニタリングが可能。無償提供のソフトBlackmagic UltraScopeをインストールすれば、パレード、波形、ベクトルスコープ、ヒストグラム、オーディオメーター、そしてタイムコードの付きの映像の6種類を1画面で同時に確認できる。