動画サイトに直接アップロードができるデジカメ


WiFi機能搭載でYouTubeなどの動画サイトにカメラから直接動画をアップロードできる
ソニーDSC-G3。アップロード機能の使い勝手をレポート。


WEB21-1.jpg
WEB21-2.jpg
WEB21-3.jpg
新しいサイバーショットにはWiFiが搭載されておりeyeVio、YouTube、Dailymotionといった動画共有サイトにPCを介さずに直接カメラで撮影した動画をアップロードすることが可能になった。残念ながらハイビジョンの動画は撮れないが、『カメラから直接動画をアップロードできる』という部分に興味を引かれ、今回テストしてみた。
 恥ずかしながら、私こと編集部HはWiFiなるものと無縁の生活を送ってきた。世の中には『公衆無線LAN』というサービスがあり、G3のアップロード機能を利用するためには、別途こうしたサービスに加入する必要があるというのだ(無料のサービスの場合は加入の必要なし)。
 日頃、通勤時間に携帯電話でニュースを見る習慣がある私は、それと同じような感覚でネットにつなげるものだとんだ勘違いを犯していた。
 今回はテストでの使用だったので、1日利用が可能なHOTSPOTを試してみた。公衆無線LANは、それぞれのサービスでアクセスポイントの設置場所や価格設定も異なるので、予めそれぞれのサービスをWEBサイトなどで確認して自分の生活パターンに合ったサービスを選ぶとよいだろう。
 偶然、自宅がYBBの無線LAN環境だったのだが、そこでもネットに接続できた。ADSL(12Mbps)。HOTSPOTは最大速度54Mbps。両方でアップロードのテストをしてみたが、案の定、外でのアップロードのほうが快適だった。ちなみに会社のMacからAIRMacを開放して接続テストもしてみたが、これにはつなぐことはできなかった。
 カジュアルな映像を手軽に動画サイトにアップロードするのにはいい機能だと思う。今回テストできなかったが、DLNA対応のブラビアなどにも無線でデータ転送できるので、それもおもしろそう。今後はビデオカメラにもこんな機能が搭載されるのだろうか。
ちなみに試しにアップロードしてみた動画
ホームに入ってくる電車を撮影。電車の迫力に一瞬、指がフレームインしてしまうが、そこはご愛嬌ということで。。。