連載●大判流映像表現術 第2回


大判カメラが持つ豊かな表現力を作品に活かすノウハウを学ぶ新連載。ふるいち監督の短篇映画を観て、作品とトーンの関係を確認しよう。ビデオサロン2012年7月号 70ページに掲載。
解説●ふるいち やすし(映像作家・音楽家)


レンズによるトーンの違いを見比べる



『最初の罪人』 予告編



▲ソニーNEX-FS100J+アンジェニューレンズで撮影。出演:笠原千尋、大城アコ、牧野亜希子 自分が正しいと思うトーンで表現するために、アンジェニューレンズを選択。
笠原千尋 http://ameblo.jp/chihiro-0926/
大城アコ http://neo-ooshiro.seesaa.net/
牧野亜希子 http://ameblo.jp/aki-macky7/
◆この動画の関連記事は映像制作機器の専門誌ビデオSALON7月号