VSW016 【特別編】キヤノンEOS R5 & R6 動画目線の検証ウェビナー〜8K RAWワークフロー解説


協力:キヤノンマーケティングジャパン

参加:無料 98名(要登録/応募多数の場合は先着順)

2020年2月に開発発表され、7月末についに発売が開始されたEOS R5。現在、予約が集中し、入手困難な状況になっています。

動画に関しては、現場で使われる前から8K RAWという驚くべきハイスペックに敬遠ぎみの声と熱問題についての懸念が取りざたされていますが、VIDEO SALONとしては、このカメラをシネマカメラと比較するのではなく、デジタルスチル&ムービーカメラが8K RAW動画まで到達し、これからの可能性を見せてくれるカメラとして冷静にかつ期待を込めて捉えてみたいと思います。

7月から8月にかけて、デモ機を使用したり、自身でいち早く購入した本誌筆者陣がその実力と使い勝手、そして8K RAWワークフローをZoomウェビナーで解説していきます。

●開催概要(Zoomウェビナー)

日時:2020年8月31日(月)18時45分(開場)、19時(開演) 約2時間の予定です。

参加:無料(ただし事前の登録が必要です。応募多数の場合は先着順とさせていただきます)

定員:98名

当日のタイムテーブル:(進行によって変動します。延長の可能性もあります。ご了承ください)

18:45 開場

19:00 諸注意

19:05 講演開始

20:30 講演終了・休憩

20:35 質疑応答

21:00 イベント終了

※応募の締切は8月31日(月)15:00となります。

 

パネリスト

●酒井洋一(HIGHLAND)…シネマトグラファー(EOS 5D Mark IVユーザー)

●井上卓郎…山映像作家(EOS R5購入)

●林和哉…テクニカルディレクター(EOS R5購入)

●矢作大輔(キヤノンマーケティングジャパン)

 

【内容】 

1 .  EOS R5とEOS R6の動画機能について(キヤノンマーケティングジャパン 矢作大輔)

    動画機能の整理、ファイル形式について、連続記録時間など 

2.   EOS R5とR6を2つの映像制作現場で使ってみたインプレッション(酒井洋一)   

    検証◉R5の高画質4Kとノーマル4Kの比較、R5の4KとR6の4Kの比較

キヤノン公式のメイキングムービーはこちらから。

3.   山映像で体験したEOS R5の8K RAWの凄さ(井上卓郎)

4.  REDを知り尽くすクリエイターが驚いたR5の8K RAWの世界(林和哉)

 8K RAWワークフローデモンストレーション ●DaVinci Resolve 16   ●Adobe Premiere Pro  ●Digital Photo  Professional(DPP4)

5.  リモートゲストパネリストの可能性もあり

6.  パネリストへの質疑応答

参加者はZoomウェビナーのQ&A機能により質問をすることも可能です。

Zoomウェビナーのため、本来の画質で映像をお見せすることはできません。映像リンクなどをお知らせしますので、そちらでご確認ください。

※応募の締切は8月31日(月)15:00となります。

● ウェビナーご参加の流れ

①Peatixでチケットをお申し込み(無料です。確認メールが届きます)

②当日の17:00までにZoomウェビナーのURLを登録いただいたEメールアドレスにご案内します。

③Zoomでウェビナーを受講(Zoomウェビナーを利用できる環境をそれまでにご準備ください。動画を視聴する関係上、できましたら回線速度が確保されている有線LANの環境をお勧めします)。また、動画はVimeoなどの関連リンクを随時提示しますので、できるだけ大きめのディスプレイが快適です。Zoomウェビナーの機能であるQ&Aを利用して、講師に質問することも可能です。

●注意事項

*ウェビナーの録画・スクリーンショットは原則禁止とさせていただきます。
*スマホのキャリアメールでPeatixやZoomからのメールが届かない事例が報告されています。登録はPCメールかGmail、Yahooメール等のフリーメールを推奨します。

*ウェビナーは有線LANで接続したPCでの視聴を推奨します。ご視聴の回線環境によっては動画の解像度やフレームレートが低減する可能性がございます。

●主催

玄光社VIDEO SALON編集部/サロン・エージェンシー

●問い合わせ先

VIDEO SALON WEBINAR事務局
seminar@genkosha.co.jp(メール)