VSW081「iZotope RXを利用して音の問題を解消する」(講師:牧瀬能彦)


VIDEO SALON12月号(11月20日発売)は「映像制作のための音響講座」特集です。

10月18日に開催予定のウェビナーは「iZotope RXを利用して音の問題を解消する」。iZotope RXは、映像作品のMAの現場でプロフェッショナルが利用しているノイズ除去・オーディオリペアツール。映画、テレビ、アニメやゲーム業界の音の仕事には欠かせない存在です。このウェビナーでは、名作ドラマを長年にわたって「音」で支えてきた牧瀬能彦さんをお迎えして、映像制作者向けに、iZotope RXの映像作品における使い方について、実践的に教えていただきます本ウェビナーはiZotope RXをまだ使ったことがない初心者や、使ってみたけどうまく使いこなせないという人を対象にお届けします。

また、牧瀬さんの本職である効果音の活用方法についても実践していきただきます。

【10月17日変更/情報追加】

この講座では、参加される方が実際に使えるようになることを目標にします。
まだiZotope RXをお使いでないかたは、デモ版があり30日使用できます。ダウンロードするには、iZotopeのサイトでまずアカウントを製作していただき、そのアカウントでログインし、RXの製品ページからトライアルのリンクがありますのでそこから進みますとダウンロードページが出てきますので、そちらからRXをダウンロードすれば、シリアルナンバーがなくてもトライアルということで使用できます
受講していただくかたで、まだiZotope RXをお使いでないかたは、以下からダウンロードしていただき、インストールを済ませていただければ一緒に操作をしていただけます。
iZotopeのアカウントの製作は下記のURLを参考にしてください。
RX製品ページはこちらです。
事前に配布する素材はこちらです。
事前に配布する素材はwavファイルになりますので、RXエレメンツでも問題なく開けます。
なるべくエレメンツでもできることをメインに解説していただく予定です。

 

 

※応募の締切は10月18日(月)18時30分となります。

❇︎当日、都合により参加できない場合は、翌日以降、メールでご連絡するアドレスから1週間限定でアーカイブを視聴することが可能です。

 

●登壇者

牧瀬能彦

1994年株式会社サウンズアート(現TBSアクト)に入社し、音響効果としてのキャリアをスタートさせる。その後、テレビドラマをメインに多くの作品に携わる。代表作品にTBSドラマ「渡る世間は鬼ばかり」があり、400本以上の「渡る世間は鬼ばかり」を担当、その他多くの橋田壽賀子ドラマを「音」で支えている。現在はフリーランスとして活躍。テレビドラマ以外にも情報番組やニュースなどの生放送業務や、イベント・舞台などの音響効果業務など活躍の場は多岐にわたる。

 

●講座の内容(予定)

  1. iZotope RXって何ができるの?
  • そもそも RXは何ができるソフトか?
  1. iZotope RXを使って音の色々な問題に挑戦しよう
  • 最初に知っておきたい基本的な操作方法と、スペクトラム表示について
  • うるさいバックグランドのノイズを減らそう
  • 不要なノイズをスペクトラム画面で確認し、除去しよう
  • カメラマイクで録音したため、音源との距離があって、音が響いてしまった音声の響きを軽減する
  • 納品時に必要な音声のラウドネスを調整する
  1. 効果音製作と音との距離感
  • 音との距離感とは?
  • プラグインを使って、音の距離感を調整してみよう
  1. 質疑応答

 

※応募の締切は10月18日(月)18時30分となります。

❇︎当日、都合により参加できない場合は、翌日以降、メールでご連絡するアドレスから1週間限定でアーカイブを視聴することが可能です。

 

●開催概要

日時:2021年10月18日(月)18時45分(開場)、19時(開演)

参加料金:

「ウェビナー単体受講」税込4,070円

「ウェビナー受講+VIDEO SALON 12月号セット」税込5,500円
※ウェビナー受講と雑誌VIDEO SALON 12月号のセットです。雑誌は2021年11月20日頃にお届けします(到着は地域によって異なります)。

 

当日のタイムテーブル:(進行によって変動します)

19:00-19:05‌ 趣‌旨‌説‌明・登壇者紹介・‌参‌加‌者‌リ‌ア‌ル‌タ‌イ‌ム‌ア‌ン‌ケー‌ト‌

19:05-20:30 講‌演 ‌

20:30-20:35 休‌憩‌ ‌

20:35-20:55 質‌疑‌応‌答‌ ‌

20:55-21:00   お‌し‌ら‌せ・‌閉‌会‌ ‌

※応募の締切は10月18日(月)18時30分となります。

❇︎当日、都合により参加できない場合は、翌日以降、メールでご連絡するアドレスから1週間限定でアーカイブを視聴することが可能です。

 

●12月号特集「映像制作のための音響講座」について

視聴がイヤホン、ヘッドホンになった今、明確に差が分かってしまうのが音声のクオリティです。いまやノイズまではっきりと聞こえてしまう時代。基本のマイク収録からMA、ロイヤリティフリー音源の選曲と編集加工術、フォーリー、iZotope RXによる音のリペア、Adobe Premiere Pro&Audition、リモートナレーションのノウハウ、音声のモニタリング環境などなど、音質をブラッシュアップして、さらに音でも演出していく実力を身につけるための特集になります。

 

● ウェビナーご参加の流れ

①Peatixでチケットをご購入(確認メールが届きます)

②Peatixでチケット購入時にお届けする申し込み完了メールにて、ウェビナーへ参加するためのURLをお知らせします。

③受け取ったURLでウェビナーを受講(ウェビナーを利用できる環境をそれまでにご準備ください。動画を視聴する関係上、できましたら回線速度が確保されている有線LANの環境をお勧めします)。また、動画はVimeoなどの関連リンクを事前、もしくは随時提示する場合がありますので、できるだけ大きめのディスプレイが快適です。Vimeoライブの機能としてQ&Aを利用して、講師に質問することも可能です。

④復習、もしくは回線の関係で視聴できなかった場合は、1週間限定で公開されるVimeoのアーカイブ動画をご覧ください(URLの拡散はご遠慮ください)。ウェビナーの翌日に参加者の皆様にメールにてご案内いたします。

 

●注意事項

*ウェビナーの録画・スクリーンショットは禁止とさせていただきます。
*スマホのキャリアメールでPeatixからのメールが届かない事例が報告されています。登録はPCメールかGmail、Yahooメール等のフリーメールを推奨します。
*ウェビナーは有線LANで接続したPCでの視聴を推奨します。ご視聴の回線環境によっては動画の解像度やフレームレートが低減する可能性がございます。

 

●主催

玄光社 VIDEO SALON編集部/サロン・エージェンシー

 

●問い合わせ先

VIDEO SALON WEBINAR事務局
seminar@genkosha.co.jp(メール)

 

 

●●VIDEO SALON WEBINARの動画を販売中!●●