ビデオパーク10月号


2011年10月号の読者投稿コーナー「ビデオパーク」に掲載した作品です。


散策ビデオ
『日暮里・三ノ輪・南千住散策』(7分25秒)

高木 茂さん(東京都西東京市)
撮影/キヤノンHF S21
編集/エディウス5.5

東京下町を歩く作者。文学散歩に有名人のお墓巡り、芭蕉の句、そして最後は東京に唯一残る路面電車などを、ゆったりとした雰囲気で点描していく。
<ベスト・マンスリー賞>
特撮アクション物なのに
どこか“物哀しさ”の味が心の片隅に残る一作
特撮ドラマ
『ベスレイ』(39分30秒)



古川達郎さん(千葉県佐倉市)
撮影/キヤノンXH-A1、ソニーDCR-VX2100
編集/エディウス5、超編2、アフターエフェクツ

大作ドラマが久々にマンスリーを受賞。本誌販売の映像素材集をうまく使って、アクション・特撮・ストーリーの三拍子揃った作品に。話は、生命にとって大切な水をファクターとして上手く使い、最後は地球のことも少し考えさせられるような流れで、幅の或る脚本に仕立てている。作品前半はテーマや背景を隠して進行しているため興味をかきたて、ラストに近づくに従って明かされるという展開は作品の尺(長さ)を感じさせずない、うまい構成。また、ラスト近くのスクリーンプロセス風のシーンは注目したいところで、演劇の要素も少し取り入れての特撮効果バックのカットはシュールで興味深い映像と言える。
点描ビデオ
『小倉城 桜の季節』(6分12秒)

松井秀夫さん(福岡県北九州市)
撮影/ソニーHDR-CX700V
編集/プレミアプロCS5

小倉城を紹介するにあたって撮れるものは全部撮った、という満腹の一作。新規購入カメラのテスト撮りを兼ねてということながら、なかなかしっかりとした作品。
スポット紹介
『日本三大桜 根尾谷淡墨桜』(3分29秒)

池田 尚さん(千葉県佐倉市市)
撮影/キヤノンXF100
編集/エディウス6

淡墨桜とはよく言ったもので、独特の色合いが印象に残る桜を撮った作品。
散策ビデオ
『新緑の皿倉山』(2分48秒)

庄 寛さん(福岡県宗像市)
撮影/キヤノンIXY DIGITAL 10
編集/ネロ

パンやティルトも織り交ぜた静止画のスライドショー作品。北九州の町が見下ろせる皿倉山のトレッキングシミュレーションにも。
祭事ビデオ
『阿蘇の農耕祭事~風祭り』(4分8秒)

佐伯勝利(熊本県熊本市市)
撮影/ソニーHDR-FX1000
編集/ベガス10

農耕祭事をつぶさに記録した作品。おむすびの振る舞いや、神職による「風の追い込み」など、興味深い伝統行事が描かれている。
創作アニメ
『2011年3月11日』(5分)

石井一男さん(東京都世田谷区)
撮影/不使用
編集/プレミアプロCS5

アマチュアのアニメーション作家が贈る、震災をテーマにした犬と飼い主の心温まるファンタジー。作者の震災被害者、そして被害犬への思いが伝わってくる。
ビデオ歳時記
『映像詩 飯豊の春』(3分)

羽鳥允祥さん(山形県米沢市)
撮影/ソニーHDR-HC1
編集/DV-7DLプロ

雪解け、春の到来、芽吹き、そして野焼き。ふるさとの春の訪れをじっくり見せる作品。雰囲気の合う音楽と現場音、そして鳥の鳴き声など、音を効果的に使っている。