ビデオパーク9月号                                                


2011年9月号の読者投稿コーナー「ビデオパーク」に掲載した作品です。


鉄道紀行
『大井の流れと鉄路』(8分)

竹島 猛さん(静岡県掛川市)
撮影/ソニーHDR-FX7
編集/プレミアプロ1.5

「越すに越されぬ大井川」でおなじみの大河、大井川。そのもうひとつの顔が通年疾走する蒸気機関車。鉄道とビデオは実に相性がいい組み合わせ。「鉄路」というタイトルもぐっとくる。
体験ビデオ
『上野動物園にパンダ見に行ってきました』(5分)

浅野征吾さん(茨城県古河市)
撮影/ソニーHDR-XR520V
編集/プレミアプロCS4

タイトルそのままの作品。パンダの仕草はやっぱり可愛く、また作品も時計と絡めるなど着眼点が面白い。ただ、こういう作品なので仕方ないものの手持ちの揺れが気になるので、静止画をうまく使うなどの方法も。
散策ビデオ
『花咲く団地』(4分)

高木 茂さん(東京都西東京市)
撮影/ソニーHDR-CX700V
編集/エディウスネオ3

そんなに「人」は登場しないのに、不思議と人の息吹を感じさせる作品。落ち着きがあって、静かな息づかいを感じる秀作。
ドキュメント
『感動は私の活力剤』(4分20秒)

竹内正幸さん(長野県上田市)
撮影/ソニーHDR-FX7
編集/DV-7R

亡き父親の意思を継ぎ「初日の出」を撮影、作者独特の語りでその撮影のメイキングを軸にしたビデオ年賀状。メイキングに挿入される綺麗なインサートカットが印象的で、いつも元気がトレードマークの作者らしい作品。
地域行事
『小さな神社の式年遷宮』(6分40秒)

河合典之さん(三重県松阪市)
撮影/ソニーHRV-Z5J
編集/エディウスネオ2

神事の中では地味な題材ながら、稚児行列や餅撒きそして神事そのものもいろいろなアングルから飽きさず見せてくれる一作。
スポット紹介
『松田山の春』(4分18秒)

田中憲司さん(東京都調布市)
撮影/キヤノンEOS 5D MarkⅡ
編集/エディウス6

桜と菜の花が咲く神奈川県松田山へ出掛けた作者の小さな旅記録。得意の移動ショットと被写界深度の浅い画が特徴の作者の世界が出ている作品。
散策ビデオ
『實と澄子の夫婦旅(50) 錦秋の神代植物公園』(4分7秒)

渡辺 實(東京都府中市)
撮影/ソニーHDR-HC7
編集/エディウスネオ2ブースター

夫婦旅記念すべき第50作は初のハイビジョン編集。紅葉の神代植物公園を行くふたり。晩秋の公園に散り重なる葉で色とりどりの世界が描かれている。
イメージビデオ
『Woodbass Performance』(2分21秒)

石田伸二さん(広島県呉市)
撮影/キヤノンEOS 5D MarkⅡ
編集/iMovie

センスの良さを感じさせてくれる作品。絵になる楽器ウッド・ベースをモノクロとカラーをうまく混ぜ合わせ、移動ショットとアングルで渋く見せてくれる。
『Le Tour de Tajima』(7分33秒)
(事情により動画配信を停止しております)