ビデオ道場 2013年3月号


月刊誌「ビデオサロン」で連載中の読者投稿コーナー「魁!! ビデオ道場」では、毎月1作品を「大賞」、次点の数作品を「入賞」としてセレクト。大賞受賞者には金2万円ほか、大賞・入賞および掲載作品にもその栄誉をたたえてステッカーを贈呈しています。詳細は誌面をご覧ください。
今回は2013年3月号掲載の作品を紹介します。


【大賞】
「音」が見事に映像に命を吹き込み、作品に開花
ネイチャービデオ
「初夏の平尾台を歩く」 6分24秒

松井秀夫さん(福岡県北九州市)
撮影/ソニーHDR-HC7,CX700V
編集/プレミアプロCS6

何といっても「音」がキーポイントとなる作品。音楽と現場の自然音で風や光を表していて、まさに映像と音とのベストマッチング。「ネイチャー叙事詩」という言葉さえ浮かんでくる。特に後半の「川のない滝」のシーンのストーリーの組み立てと映像が秀逸。
【入賞】
ドキュメント
「カメムシと大雪」 7分45秒

本間正美さん(山形県西置賜郡)
撮影/パナソニックHDC-SD3
編集/ビデオスタジオX3

豪雪地方に住む作者の強い叫びの声が全編に伝わってくる作品。積雪が4m50cm超にもなり、雪で車や家が破壊されることや、雪と桜と新緑が同時に来ること等々、新発見連続に思わず吸い込まれる。
【入賞】
ドキュメント
「世界自然遺産知床 くまの親子」 4分36秒

武山 清さん(北海道釧路市)
撮影/ソニーHVR-Z5J
編集/プレミアプロCS4

野生の熊との遭遇を描いたスクープ映像。熊の生態だけでなくカメラマンや見物客のインサートも効果的に挿入されていて、記録映像がちゃんと作品に。
【入賞】
行楽ビデオ
「パラセーリング」 8分

広瀬友三さん(兵庫県加古川市)
撮影/キヤノンHF G10
編集/ファイナルカットプロ7

単なる行楽ビデオを超えた広瀬さんの巧みな編集術に脱帽。もう一組の家族の映像と自分の映像を巧みにカットバック、デジカメ写真も使って見応えがある作品に仕上げている。
【入賞】
山岳ビデオ
「大岩と碧岩」 8分

吉野和彦さん(長野県松本市)
撮影/ソニーHDR-FX1、キヤノンHV10
編集/DV-7DLG

登山ビデオ家、吉野さんの究極の「自分撮り」満載。画はもちろん、音楽・現場音の使い方、音楽の入りのタイミング等、大変参考になる一作。
ホームビデオ
「ワンデー・サマーアートスクール2012」5分

中島啓介さん(東京都東大和市)
撮影/キヤノンEOS 5D MarkⅡ、EOS 7D、EOS Kiss X5
編集/ファイナカットプロ6

作者の遊び心満載。自由な発想で撮影・編集を楽しんでいる作品。こういうコンセプトだとカメラのブレや構図の狂いも逆にテンポの良さにつながりそれもまた良し。
散策ビデオ
「用水路散歩道で秋を見た」 4分16秒

渡辺俊雄さん(東京都多摩市)
撮影/キヤノンXF100
編集/エディウス6

静かに流れる時間の中で、都会の用水路に見つけた風景をスケッチ。都会の秋を名構図で綴る。
ドキュメント
「埼玉フライングクラブコスモス祭2012 雨ニモマケズ」 7分20秒

藤村正夫さん(埼玉県八潮市)
撮影/ソニーHDR-FX7
編集/エディウスネオ3

作者の本領発揮の「航空もの」。航空祭の記録としてはとても分かりやすくまとまっている。今度はこの独特の世界の入門編が見てみたくなる一作。
イベント紹介
「街路が花カーペットに!」 6分12秒

小川喜一郎さん(神奈川県横浜市)
撮影/キヤノンHV30
編集/エディウスネオ3

よくある完成した作品の記録ものかと思いきや、メイキング付きの内容の濃い作品。
スポット紹介
「豊川稲荷」 7分24秒

関口 豊さん(埼玉県狭山市)
撮影/ソニーHDR-XR520V
編集/プレミアプロCS6

豊川稲荷をじっくり描いた作品。特に1000以上の狐の置き物は圧巻。一箇所をじっくり訪ねる醍醐味を満喫できる。