2月号 ビデオパーク


2011年2月号の読者投稿コーナー「ビデオパーク」に掲載した作品です。


ミュージッククリップ
『ヨコハマノヤケイ』(4分43秒)

服部正幸さん(神奈川県川崎市)
撮影/キヤノンHV20/HF10、ソニーHVR-Z5J
編集/エディウス4.6+3DS MAX

ネット上の動画配信サイトで話題の合成音声ソフトを使ったミュージックビデオ。少女の物悲しげな雰囲気と「都会の夜景」を描いた、実写とCG部分が違和感なく解け合う作品。
<ベスト・マンスリー賞>
ビデオは「作りたいものを楽しく作ったモン勝ち」的作品
ハウツー? コメディ?
『馬でも出来るタイヤ交換』(6分51秒)

中山智弘さん(愛知県岡崎市)
撮影/ソニーDCR-VX2000
編集/プレミアプロCS3

こんな時代こそコメディ! と大きく肯きたくなる一作。ある意味、大真面目に作られたギャグ&海外通販番組パロディで、タイヤ交換の実際を、どう見ても日本人にしか見えない外国人レポーターが軽快にハウトゥー解説してくれる。ふざけているけど見終わった時きっとタイヤ交換ができるようになってそう、というところも優れものの作品。
観察記録ビデオ
『自然界で生きると言う事
-アオゲラのヒナ巣立ちの日に-』(5分25秒)

田中憲司さん(東京都調布市)
撮影/キヤノンXL-H1A
編集/エディウスプロ5

最近ビデオパークでちょっとブームの小鳥の観察もの。しかしこの作品では蛇が登場し、巣穴に入ってしまったことで作品はサスペンスの要素も踏まえたドキュメントに。見終わった時、タイトルが重みを増してくる一作。
ドキュメント
『兵器製造の街は今…』(6分55秒)

蜷川貞美さん(千葉県佐倉市)
撮影/ソニーHDR-SR7
編集/ビデオスタジオ12

昔は武器製造、そして今は工業の町として復興したエッセンの町と旧武器工場を撮影。大戦時大きな被害を受けた町が、何事もなかったかのように復活した様子と平和のありがたさを描く。
イベントビデオ
『手筒花火』(5分11秒)

池田 尚さん(千葉県佐倉市)
撮影/ソニーHVR-Z5J
編集/エディウスプロ5.5

千葉県佐倉市の市民花火大会の中から手筒花火のみに絞った、まさに「ネタで勝負」の一作。壮大&華麗な映像に拍手。
地域紹介
『御篝神事』(4分)

佐藤利一さん(群馬県前橋市)
撮影/ソニーDCR-VX2000
編集/エディウス3

火のついた浄薪を相手方に向けて空高く投げ上げるという豪快な行事を、うまい編集で見せた佳作。
スポット紹介
『魅惑の永代橋』(6分33秒)

高木 茂さん(東京都西東京市)
撮影/パナソニックAG-HMC45
編集/エディウス5.5

隅田川にかかっている永代橋の姿や歴史を紹介しつつ、後半は夜景シーンをフィルターを駆使して描いた作品。
イベントビデオ
『はさみでチョッキン』(6分1秒)

河合典之さん(三重県松阪市)
撮影/ソニーHVR-Z5J
編集/エディウスネオ

松阪市の園児たちによる稲刈り体験を撮影した作品。子供の目線を考えたローアングルで子供たちを見事に捉えている。
テーマ探訪
『カリヨンの響きを訪ねて ~ドイツ編 カリヨン&からくり』(7分45秒)

浅野征吾さん(茨城県古河市)
撮影/ソニーHDR-XR520V
編集/プレミアプロ2.0

カリヨンとそのカラクリを追うシリーズの「ドイツ編」。図鑑としての価値ある作品です。音だけ聞いていても癒されるカリヨンの響きも必聴。