【11月号連載関連動画】動画をもう一度はじめから(鈴木佑介)


How to Take ~テイクする映像の撮影方法⑤ 「耳で撮る」スキルを磨く

参考 女川第一小学校 卒業式「輝く未来へ」

脳内編集は、ある程度自分が欲しいストーリーを描いておいて、現場で実際に撮影しながら話を固めていく、という感じです。冒頭で先生が生徒に卒業式で歌うオリジナルソングの作り方の説明をします。その中で「編集に必要なセリフ」を話している先生の画自体が必要な時以外は、聞いている生徒の表情を撮ったり、カメラ位置を移動したりします。万一移動中に編集に必要なセリフが出て来ても、慌てる必要はありません。前提として「音は別録り」している条件です。この場合は先生にあらかじめピンマイクレコーダーを仕込んで回しっぱなしにしている状態です。カメラがいくら動いても先生の言葉は録れているのです。(連載本文より)

参考  Keita + Ery Wedding Film

来あまり関係のない新郎側、新婦側の来賓代表の言葉をリレー式に繋いで、そこに関連するインサートカットを入れて構成しているのですが、知らぬうちにその新郎新婦の「人となり」や「会社での人間関係」が理解でき、すーっと「二人の結婚式」という物語に入り込むことができたのではないでしょうか?(連載本文より)

 

レポートはビデオサロン11月号をお読みください。11月号はこちらから。