多様化する映像クリエイターの制作スタイルを訊く『Videographer’s File<ビデオグラファーズ・ファイル>』西森達也


西森達也

1980年、高知県生まれ。短大卒業後、アパレルショップに勤務。その後、21歳でデザイン会社を立ち上げ、グラフィックデザイナーとして活動。27歳のとき、警察官だった父親の勧めもあり、地元高知県警察に転職。警察学校、交番勤務を経て、刑事として10年間勤務。昨年4月から警務課採用係へ異動し、採用業務の傍らPR動画制作を手がける。

文●松岡佳枝/メイキング写真提供●西森達也

 

西森さんの手がけた作品

高知県警察PV2020年[警察官A採用募集CM]

4月6日より公開になった採用募集CM。ファッションブランドのCMを思わせるスタイリッシュな映像。出演者も高知県警察に務める現役の警察官。

高知県警察PV2019年[警察官B採用募集PV]

高校卒業生を対象に行なった採用募集のPV。17歳から18歳という将来の進路に迷う高校生たちのリアルを描く。出演者は地元の高校生。オーディションには100人程の応募があった。

高知県警察PV2020年[警察官、父として] -育児休業のススメ-

県警では13年ぶりとなる育児休業を取得した男性警察官とその背景、生活を追う。その働き方や職場環境の多様化と共に「警察官も人間である」というメッセージが込められている。

 

 

将来への展望を考えたときに父に勧められた警察官への道

前職ではアパレル、デザイン、音楽と幅広い仕事を手がけ、27歳のときに警察官に。高知県警察で刑事として10年間勤務した後に、高知県警察本部 高知県警察 警務課 採用係へ異動。そこで警察のPR動画や採用募集のPVなどを制作しているというまさに“異色”の経歴を持つ西森達也さんにお話を伺った。

「実は、映像を作るようになったのは警察に入ってからなんです。高校生のときは古着屋さん、短大に通っていたころから洋服屋さんに勤めていました。卒業後、21歳のときにデザイン会社を立ち上げました。当時はネットショップの創世記ともいえる時期で、ネットショップの設立など、アパレルをメインとして仕事をしていました。さまざまなメーカーといい関係を築かせていただくなかで、自分でブランドをやってみたら? という声もいただき、そういったこともやりましたね」

 

警察官への転職は、同じく警察官のお父さまの勧めもあったそう。

「自分自身の将来を考え、漠然と転職を考えていたとき、警察官の父に勧められ、父にもできるのだから(笑)と転職を決めました。警察学校で学び、交番でいわゆる“おまわりさん”として約2年間、その後は刑事課に配属となり約10年、刑事として勤めました。ずっと刑事畑でやっていくんだろうなと思っていたのですが、警務課に異動となり、いまは主に採用業務を行なっています。過去に高知県警ではPR動画を外注したこともあります。でも当時刑事で現場にいた私はその出来にはあまり満足できなかったんですね。比較的派手な世界から警察になったので、真面目な堅い職業であるというイメージが私自身にもありましたが、実際に入ってみると、警察官ってかっこいいなと。そういう目線でリアルな警察官というものを表に出してもらえていないと感じる部分もあり、映像の制作を始めました」

 

警察官も皆と同じ「普通の人」 そのリアルを伝えたい

警務課に異動して1年、警察内の式典映像などを含め、15、6本の映像を作ったという西森さん。

「実際に母親である警察官、県警としては13年ぶりに育児休暇をとった父親警察官、採用PVでは実際に地元の高校生たちをオーディションで選ばせていただき、採用募集の映像の制作もしました。警察官にもさまざまな人がいて、『普通の人』なんです。そして警察は現代的な組織に生まれ変わろうとしている時期でもあります。そんなミックスなかっこよさを感じていただければうれしいですし、警察官ってかっこいいよってことを伝えたい。そこだけはブレないように作っているつもりです」

 

最近主に使う機材リスト

 

使用機材と制作風景


▲メインカメラはα7Ⅲ。レンズは警察内部にいる自分の目線で警察のリアルな姿を伝えたいため、55mmの焦点距離をよく利用する。

▲編集はFinal Cut ProをメインにPremiereを使う。楽曲制作を行うことも。

▲高知県警マスコットのポリンくん・ポーリーちゃんの撮影。

▲10年以上も刑事を勤め、内部にいたからこそわかった警察のカッコよさを動画を通じて伝えていきたいという。

 

VIDEOSALON 2020年5月号より転載