ソニー、4月24日から国際放送機器展 NAB 2017 に出展


ソニーは、米国ラスベガスにて現地時間4月24日(月)から開催される国際放送機器展 NAB(National Associations of Broadcasters)2017 に出展する。

「Beyond Definition」をテーマに、4K映像やハイダイナミックレンジ(HDR)、IPライブ伝送などに対応した、次世代放送を見据えた新製品を展示し、高画質かつ高効率な映像制作ソリューションを幅広く提案する。「Beyond Definition」には、これまでの枠組みを超えて映像ビジネスの可能性を追求するチャレンジの意志が込められている。

 

■HDR映像を、高画質かつ効率的に制作する新しいソリューションの提案

・ライブHDRコンテンツの裾野を広げるHD映像制作対応 ~機器アップデートにより実現~

主なアップデート対応商品:4kスーパースローモーションカメラシステム HDC-4800、BPU-4800/4Kマルチパーパスカメラ HDC-P43/マルチポートAVストレージユニット PWS-4500/有機ELマスターモニター BVM-E171)

HDC-P43(左)とPWS-4500(右)

 

・HDR映像制作の時間短縮を実現するソリューション「インスタントHDRワークフロー」

民生テレビのHDR対応の広がりを受け、インターネットコンテンツやプロモーション、イベント映像などの制作現場でもHDR映像への期待が高まっている。これらの分野ではポストプロダクションに時間をかけず、撮影した映像をすぐにHDR映像として活用したいニーズがある。これらの市場に向けて、時間をかけずにHDR映像表現を実現するソリューションとしてインスタントHDRワークフローを導入する。

XDCAMメモリーカムコーダー PXW-Z150 と PXW-FS5 のソフトウェアアップデート(無償)により、新たに Hybrid Log-Gamma(HLG)収録を実現する。これにより撮影後のカラーグレーディングなどの編集作業に時間をかけず、手軽にHDR対応テレビやモニターでHDRコンテンツを楽しめる。2017年7月にアップデート対応する。

PXW-FS5

 

・映画・CM・ドラマ制作分野でのHDR制作周辺機器を拡充し、運用の効率化を推進

新製品:AXSメモリーカードリーダー AXS-AR1/0.7型有機ELビューファインダー DVF-EL200)

AXS-AR1(左)とDVF-EL200(右)


■IPベースのシステム普及と推進

■映像制作の効率的なシステム運用や映像アーカイブソリューションの提案

■新商品
・高感度業務用4K対応ビデオカメラ UMC-S3CA