【映像+】ダニエル・ラドクリフが全編、不思議な死体を演じる異色アドベンチャー・ムービー『スイス・アーミー・マン』の舞台裏


映像+(EIZO PLUS)新しい映像が生まれてくる現場  vol.6

『スイス・アーミー・マン』

9月22日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国公開中 ©2016 Ironworks Productions, LLC.配給:ポニーキャニオン

 

無人島に取り残された男の前に現れたのは、ジェットスキーボートやカッター、水筒にもなる、まるでスイス・アーミー・ナイフのように便利な機能を持った“死体”だった…。『ハリー・ポッター』シリーズのダニエル・ラドクリフ主演、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『プリズナーズ』で絶賛を浴びたポール・ダノ共演主演の『スイス・アーミー・マン』は、内気な青年と不思議な死体の友情を描いた異色のアドベンチャー。2016年のサンダンス映画祭で最優秀監督賞を受賞、シッチェス・カタロニア国際映画祭では作品賞&主演男優賞のW受賞を果たすなど、各国の映画祭で絶賛を浴びた本作のダニエルズ(ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワンのコンビ名)監督に、映画の舞台裏や作品に込めた思いを聞いた。

 

STORY

無人島に漂着した孤独な青年ハンク(ポール・ダノ)。絶望の淵で自ら命を絶とうとした彼の前に、男の死体“メニー”(ダニエル・ラドクリフ)が流れ着く。メニーから強烈なガスが出ていることに気づいたハンクは、その“ガスおなら”を推進力に島からの脱出に成功。見知らぬ海岸に着いたハンクは、口から真水を吐き、歯はカッターに使えるマニーを抱え森の中をさまよい歩く。いつしか意識を持つようになったメニーと二人三脚で家路を急ぐハンクを、大きな試練が待ち受けていた…。

INTERVIEW

 

奇想天外なデビュー作

Q:最初の長編映画として、ずいぶん個性的な題材を選びましたね。

ダニエルズ:確かにリスキーな題材だ。周りの人からも、最初は『G.I.ジョー』や『ミュータント・タートルズ』みたいなウケ線狙いにした方がいいんじゃないのなんて言われたけど、最終的にヘンテコな映画にしちゃた(笑)。でも僕らはこの映画をとても気に入ってるし、誇りに思っているよ。いまは世界中の人たちが、映画を観てどんな反応をするか楽しみだ。

Q:共同で監督をしていますが、役割分担はあるのでしょうか?

ダニエルズ:基本的にシャイナートはVFXや小道具、スタントで、クワンは脚本や撮影、編集と互いにもっとも得意なパートを受け持つことが多い。でもなんとなく決まっているだけで、分担を決めて作業をすることはないな。そもそも僕らは映画作りのあらゆる工程が好きだから、時々入れ替えたりながらって感じだね。

Q:意見が合わなくなる時もありますか?

ダニエルズ:ほぼ毎日だね(笑)。ベストな結果を生み出すために、自分自身にはもちろん相方に対しても妥協はしない。つまりとっても建設的なコンビってことさ(笑)。でも監督が口論してたら周りのスタッフやキャストは引いちゃうだろ? だからセットではハッピーでいるよう心がけ、誰もいなくなったら殴りあいをはじめるのさ(笑)。

Q:奇想天外なアイデアは、どんな時に思いつくのでしょう?

ダニエルズ:いろいろさ。ソファでくつろいでいる時や散歩の時、二人で話し合っている時、冗談を言い合ってる時に思いつくこともある。今回は脚本を8稿まで書いたんだけど、映画に使わなかったアイデアもたくさんあるよ。たとえば髪を引っ張っていくとロープになるとか、目が双眼鏡だったとか、頭の後ろに穴が空いていて光を照らすサーチライトになるとかね。とにかくアイデアを出し合って、その中からエモーショナルなエピソードに繋がるようなものを選んで脚本にした、というわけさ。

ダニエル・ラドクリフ、ポール・ダノとの仕事

Q:豪華なキャストが集まりましたね。

ダニエルズ:僕らは共に、ダニエルとポールの大ファンなんだ。それだけでなく、才能ある俳優に馬鹿馬鹿しいことをしてもらったらさらに面白くなるからね。セレブリティな大スターって、たまに映画のストーリーにも口を出すことがある。でも彼らは何より謙虚で、歌も歌えて踊りもできるってことが決め手だった。最初は脚本を送っても無視されるだろうなと思っていたけど、すぐにOKをもらえたよ。ふたりとも、おならで海を渡るってアイデアを気に入ってくれたみたい(笑)。

Q:海や山の撮影でしたが、どんなことに苦労したのでしょうか?

ダニエルズ:いちばん大変だったのは、ダニエルのおならの推進力で島から脱出するシーン。ふたりにサーフボードに乗ってもらって、それをモーターボートで引っ張りながら撮影したんだ。実はダニエルは泳ぎが苦手なので、近くにジェットスキーに乗ったスタントが待機して、もし海に投げ出されてもすぐ救助できるようにしていた。完成した映画ではわずか40秒しか使ってないけど、撮影は一日がかり。力強く美しい仕上がりで、とても満足しているよ。

Q:撮影を通して、特にハプニングは起こらなかったのですか?

ダニエルズ:ハプニングは起きなかったけど、ダニエルの才能には驚かされたよ。テイクを重ねるごとに何かしら工夫をしてくれるし、ロングショットなど顔が見えないシーンもスタントマンでなく自分自身で演じたいと言い張るんだ。とても感謝している。そういやハプニングってわけじゃないけど、ダニエルの口からフックが飛び出すカットを撮った時に、勢い余って彼が頭を打ったんだ。ガン!と大きな音がしたんで、大丈夫?って聞いたら「頭は打ってないから平気」と言うのでそのまま撮影を続けたけど、実際はけっこう強く頭を打っていた。後で聞いたら、撮影を止めちゃ行けないと思って黙ってたんだって。彼は本当にプロフェッショナルな俳優だよ。

Q:『ジュラシック・パーク』や『E.T.』など、ステーヴン・スピルバーグのネタがけっこう使われていました。

ダニエルズ:僕らは小さい頃から『E.T.』や『ジュラシック・パーク』を観て育った、スピルバーグ世代だからね。もちろん大好きな監督だけど、僕らのにとってスティーヴンの映画は存在していることが当たり前なんだ。つまり何か「ごっこ」をする時は、必ず彼の映画がネタになる。美しい景色を目にすると、自動的に頭の中には『ジュラシック・パーク』のテーマ曲のサビが鳴り響くんだ。それをそのまま取り入れたんだ。

Q:撮影するにあたって気をつけた部分と、思い出深いシーンはどこでしょう?

ダニエルズ:ドラマを作る上で注意したのは、ハンクとメニーの友情の部分。撮影に関しては、ダニエルとポール、ふたりの俳優の相性だ。ふたりだけで物語が進むので、実際の彼らの関係性が大切になるからね。印象に残っているのはバスのシーン。あれを挿入したことで映画全体にテンポ感が生まれ、話が前に進むことになったと思う。僕らが想定していた以上にミラクルなシーンになったよ。

Q:この映画でこだわったのはどんなことでしょうか?

ダニエルズ:僕らは誰でも人にはあまり見せられない恥ずかしい部分を持っていて、そのことで人間関係がうまく築けないとか、誰かを好きになったのに恋愛へと発展させられないことがある。今回はおならを象徴的に使ったけれど、メッセージを込めるというより、そんな不器用な人間のことを見つめてみたかった。とにかくクレイジーなことや馬鹿なことばかり考えながらも、映画を完成させることができてとても嬉しく思っているよ。

 

PROFILE

ダニエルズ(監督&脚本)/DANIELS(Directors, Writers)

ダニエル・クワン(Daniel Kwan)とダニエル・シャイナート(Daniel Scheinert)の 2 人組みの通称。ダニエル・クワンはアメリカ合衆国マサチューセッツ州生まれ、アニメーションとグラフィックの業界で働き始め、アラバマ州出身のダ ニエル・シャイナートと出会った。クリエイティブ・デュオとして監督、編集、 VFX、ダンス、演技、スタントまでも手がける。2014年、彼らは DJ スネークとリル・ジョンのMV「Turn Down for What」で MTVビデオ・ミュージック・アワードの最優秀監督賞を受賞、第57 回グラミー賞最優秀ミュージック・ビデオ賞にノミネートされた。YouTube 再生回数6億回以上(※2017 年 6 月 10 日時点)。2011年、マンチェスター・オーケストラ「Simple Math」で UKミュージック・ビデオ・アワーズVideo of the Yearを受賞。2012 年、バトルス「My Machine」で SXSW 映画祭の最優秀ミュージック・ビデオ賞を受賞。2013年には、 フォスター・ザ・ピープル「Houdini」で第55 回グラミー賞最優秀短編ミュージック・ビデオ賞にノミネートされた。また、 ショートフィルム『Possibilia』は 2014 年のトライベッカ映画祭でフューチャー・オブ・ストーリー・テリング部門最高賞を受賞。2015 年には、ファッションサイト「DAZED DIGITAL」とのコラボレーションで短編『Interesting Ball』 をリリースし SXSW 映画祭で上映された。

STAFF

監督・脚本:ダニエルズ

撮影:ラーキン・サイプル

編集:マシュー・ハンナム

音楽:アンディー・ハル&ロバート・マクダウェル

CAST

ダニエル・ラドクリフ

ポール・ダノ

メアリー・エリザベス・ウィンステッド