ケンコー・トキナー、日本製8号帆布を使用したダレスリュック「五三郎リュック」を発売


▲左から藍色、抹茶色、カフェオレ色

ケンコー・トキナーは、日本製8号帆布「富士金梅」を使用し、鞄の聖地兵庫県豊岡市で製作したこだわりの純日本製ダレスリュック「五三郎リュック」を11月17日に発売する。価格はオープン。カラーは藍、抹茶、カフェオレの3色。

本製品は、ケンコー・トキナーの「aosta」と、198年間の鞄づくりの歴史を持つ「木綿屋五三郎」がコラボレートした、ケンコー・トキナー60周年記念製品。開口部はワンタッチ錠を使用しているのでスムーズにカチッと開く。また、ダレス式で口枠部分が大きく開くため物の出し入れがしやすい。それぞれのカラーに合わせたインナーケースも付属する。

本製品は数量限定品のため、限定数が終了次第販売終了となる。

▲大きく開く口枠部分。物の出し入れがしやすい。

▲開閉はワンタッチ錠を使用。

▲カメラ用インナーケースが付属。

仕様

主な材質:帆布
外寸(幅×高さ×奥行き):340×330×120mm
内寸(インナーケース):280×135×80mm
重量:940g(カフェオレ色のみ980g)
容量:8リッター

商品詳細
http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/bag/aosta/camera_bags/gozaburo/4961607876787.html

 

株式会社ケンコー・トキナー
http://www.kenko-tokina.co.jp/