Vitecグループ、イメージング市場でのソニーとの協業を発表


Vitecグループのフォトグラフィックディビジョンは、イメージング市場におけるソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(以下、ソニー)との協業を発表した。マーケットリーダーの2社が、今後おもにプロフェッショナル市場をターゲットにしたプレミアム製品ラインアップの開発で協力していくことになる。

「この協業において、写真・ビデオアクセサリー市場のリーダーである当社ブランド、マンフロットとジッツオが、卓越した製品と優れた技術で世界的に知られているソニーという一流ブランドと連携する。主要な目的は、プロのコンテンツ制作者に向けてさらに革新的な製品を開発し協業することで、顧客満足度を高め、今後の事業の成長に繋げる。」
(マルコ・ペッツァーナ/Vitecグループ フォトグラフィックディビジョン CEO)

まずは、ソニーのレンズ交換式デジタル一眼カメラα(2018年に発売予定)用の新しい製品ラインの開発が計画されている。最初にリリースされるのは、ミラーレスカメラ用トラベル三脚のベストセラー・マンフロット befree の特別バージョンで、10月26日にニューヨークで PhotoPlus 展示会で発表される。フルレンジには、プロフェッショナル向けのマンフロットとジッツオの三脚・プレート・ビデオヘッドの発売を予定。これにはソニー製カメラに対応した Digital Director も含まれる。これらの新製品は、2018年に国内外の展示会やイベントで順次発表される予定だ。

 

マンフロット株式会社(最新ニュース)
https://www.manfrotto.jp/news-sony-partnership

ソニー株式会社(ニュースリリース)
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201709/17-088/