映像制作者のためのプラットフォーム Vookで定額の動画チュートリアルを配信開始


 

5月16日からリニューアルされたVookのWEBサイト。
今回のリニューアルの目玉となる動画チュートリアルについて紹介する。

制作ノート共有サービスのVook note、招待・審査制のポートフォリオサービスVook portを運営するVookが、Vook noteを大幅にリニューアルした。今回のリニューアルでは「技術的なつまづきを解消したい」「制作のアイデアが欲しい」といった制作者のニーズに応えることを方針としたという。

今回の目玉は年額19,980円で動画が見放題となる有料動画コンテンツが見られるようになったこと。動画チュートリアルは、撮影・照明・録音・編集の基礎知識を学ぶ講座や各種ソフトウェアの使い方などを、1つのテーマで複数の動画をまとめたパッケージ単位で閲覧できる。

各講座は、動画とその内容を書き起こした記事がセットで閲覧できる仕様となっており、講座で使った機材の一覧なども載っている。

今後は、講座内で説明された機材のレンタルや購入などができるなどといった有料会員限定の機能を付けていく予定だという。動画は毎月パッケージの更新を行い、コンテンツの拡充を図る。

 

 

◉有料は複数の動画コンテンツをまとめたパッケージで提供される

▲動画を集めた動画パッケージのトップ画面。動画は年額19,980円で見放題となるが、一部無料で見られるコンテンツも用意。

◉パッケージの中の動画チュートリアルの一例

▲各動画チュートリアルは画面左側に動画、右側にはその動画を書き起こした記事を掲載。左側はレイアウト固定で、右側の記事は画面をスクロールして見ることができる。その他、講座で使用した機材リストや動画や記事をみたユーザーのコメント欄などが掲載される。

 

https://v.vook.vc/