株式会社Mogura、VR映像作家・渡邊課によるイベント「プロ向け! 現場で使える・失敗しない360度カメラの選び方と撮影ワークフロー」を開催


VR専門WEBメディア・MoguraVRを運営する株式会社Moguraは、全天球作家の渡邊課によるイベント「プロ向け! 現場で使える・失敗しない360度カメラの選び方と撮影ワークフロー」を6月7日に開催する。このイベントでは、プロフェッショナルの映像制作で使えるミドルエンドの360度カメラの選定から運用のしやすさ、編集のコツなど、実際のワークフローを解説する。下記の5つの360度カメラの特徴の解説をはじめ、実機での試し撮り、撮り比べなどを体験することでミドルエンド360度カメラの理解と明日から撮影現場で取り入れられるテクニックの習得を目標にしている。

 

◉登場するカメラ

Insta360 Pro(8K3D@30fps 360度映像など撮影可能)
Kandao Obsidian R(8K3D@30fps 360度映像など撮影可能)
GoPro Fusion
Insta360 One
Theta V

 

◉講師

VR映像作家 渡邊課 課長 渡邊徹
株式会社コンセント所属。紙とWEBのデザイナーからキャリアをスタート。社内ラボとして360度VR(全天球)の制作を2015年に開始。「ビジュアル言語のあらたな可能性」を通して、情報体験の在り方を追求し、さまざまなユーザーのタッチポイントで起こる体験から逆算した企画を作り、VR実写映像の撮影、編集までを行っているチーム“渡邊課”の課長。

◉開催概要

日時:2018年6月7日(木)13:45から16:30
会場:株式会社Mogura
   千代田区 飯田橋1丁目9‐5 SKBビル2・3F
チケット:4,500円(当日現金払)
申し込み先→https://peatix.com/event/387914