Arashi Vision、180度3D撮影も可能な折りたたみ式360度カメラ『Insta360 EVO』を発売


Arashi Vision社は、180度3D撮影も可能な折りたたみ式の360度カメラ『Insta360 EVO』を発売価格は55,670円(税込)。全国の家電量販店(一部店舗を除く)と各社オンラインショップ、Amazon、SoftBank SELECTION オンラインショップで、4月12日から販売予定で、3月14日より各取扱店舗で予約の受付けを開始する

『Insta360 EVO』は、広げて180度の3D撮影、折りたたんで従来と同じ360度撮影を一台だけで実現できる。360度カメラの「意識せずとも常に周囲を撮影、思いがけない“面白いこと”や“楽しいこと”を記録できる」という魅力はそのままに、5.7K(5760×2880)の高画質360度動画と、約1800万画素の360度静止画を撮影可能。一方で今回新たに提供する「180度3D撮影モード」は、「Insta360 EVO」を広げるだけで5.7K(5760×2880)180度立体視の動画・静止画を撮影できる。

撮影した180度3D撮影データ、360度撮影データは、付属する折りたたみ3Dグラス(プラスチック製)とスマートフォンを組み合わせることで楽しめるほか、Oculus GoやGalaxy Gear VRといったVRヘッドセットでも再生が可能。また、「Insta360 EVO」にあわせて開発された、裸眼3D立体視が可能になる特殊なスマートフォンケース「Insta360 HoloFrame」(別売、国内販売未定)を利用すれば、スマートフォンアプリ「Insta 360 EVO」のアイトラッキング機能により、VRヘッドセットやVRゴーグルなしで3D立体視を裸眼で楽しめる。

動画・静止画撮影には、最新の手ブレ補正技術「FlowState」を採用。動画撮影などで利用される手ブレを抑えるジンバルなどを使用せずに、それに劣らない手ブレ補正を実現。さらに「180度3D撮影モード」に対しては、3D撮影に適した専用の手ブレ補正技術を採用し、持ち歩きながら撮影しても、滑らかな3D映像を記録可能。

スマートフォンアプリ上で撮影できる「TimeShiftモード」は、360度のタイムラプス・ハイパーラプス動画を撮影でき、旅行の散策や家族イベントの録画に最適。さらにアプリ連携により、180度3D撮影データや360度撮影データの再生・カット編集、各種色合い調整などが可能。両データに対応しているFacebookやYouTubeなどのソーシャルメディアに対する投稿も簡単で、アプリからすぐに共有できる。なおEVOには、持ち手代わりにも利用できる小型の「三脚」や、持ち運びに便利な「保護ポーチ」も付属している。

 

 

Insta360 EVO紹介動画

 

◉製品情報

https://www.insta360.com/product/insta360-evo/