マイ・プライベートレンズ〜コシナ/フォクトレンダー40mm


これから忙しくなる前に、ちょっと閑話休題。
私のスチルカメラはEOS 5D MarkIIなのですが、年末にプライベート旅行用のレンズを買いました。
コシナ製のフォクトレンダーULTRON 40mm F2 SLII Asphericalです。
COSINA40.jpg
ちなみに、うちの会社には会社のカメラとか編集部のカメラというのはなくて、昔からみんな個人所有のカメラを仕事で使っています。玄光社はもともと写真メインの出版社で、写真が好きな人が多かったため、「みんな自分のカメラ使いたいでしょ」ということだと思います。私の歴代の仕事カメラも機会があれば書きたいと思いますが、今回はプライベートレンズのお話ということで、年末年始はフォクトレンダーULTRON 40mm1本を付けっぱなしにして旅行しました。


IMG_0517W.jpg
▲新潟交通のバス。夕方だったので新潟市内からどんどんバスが出て行くのだが、そのボディの銀、紺、赤の配色がなんとも素晴らしく、パシパシ撮ってしまった。なにがいいのか自分でもよくわからない。(バスマニアではありません)
IMG_0533W.jpg
▲瓢湖の白鳥。周辺減光するのがこのレンズの特徴で、その効果を出したくてできるだけ開放近くで撮りたくなる。
IMG_0778W.jpg
▲ボケ味も好きだ。フォーカスエイドが働き、フォーカスが合うと赤く光る。こんな機能があるとは知らなかった。結果は、思ったよりもフォーカスは合っていた。ただしこれはファインダー撮影のみなので動画では働かない。
このレンズ、昨年の2010年11月号で「デジタル一眼ムービーのためのレンズ選び」という特集をやったときに、斎賀和彦さんにレポートしてもらったのです。そのときから、いやその前からなんですが、欲しいなあと思っていたレンズなのでした。
 あともうひとつ理由があって、その特集で、まるやまもえるさんに、GH1で20mmF1.7レンズ1本で撮ってきてください(35mm判換算で40mm)という注文をつけて、それが素晴らしかったので、自分でやってみようかと思ったということもあります。