過去の遺物を大量に捨てた4月


この一か月の間、花粉症で体調が悪かったのですが、やっと戻ってきました。先週あたりから急に目の前が晴れてきた感じです。今年は毎日「アレグラFX」という薬を飲み続けたのですが、あれは確かに効きました。でも今になって思うと、一か月、ずっとぼーっとして過ごしてきたような気がします。あんまり記憶がないというか。


さて、編集部にあった過去の遺物を大量に廃棄しました。全社的に壊れた椅子とかパーテーション含めて廃棄したのですが、9割はビデオサロン編集部関連。デッキやセレクターなどが入っていたラックは、私が入社する前からあったから、1980年代のものということになります。テストで使っていたLDも大量処分。私の個人のLDも会社ですべてダビングして放置してあったので、それも発見されました。中には社前のゴミの山をあさる社員もいて、ボブ・ディランの「DON’T LOOK BACK」を持っていきましたが、どうするつもりなんでしょう。LDなんて見たこともない若い人が。ピクチャーレコードと間違えてターンテーブルに載せないか心配です。
haiki.jpg
それにしても毎年掃除しているのに、どうしてこんなにたまるんでしょうね。
なんとか2tトラックにすべて乗りました。
20年以上社屋も編集部の位置も変わっていないので、こんなことになってしまうのか。
特集でカッコよく「ファイルベース時代の〜」とか言っておきながら、
実はテープやデッキがごろごろしてたというわけです。
これから、心機一転、
ほんとうにファイルベース時代のビデオサロンに生まれ変わって(笑)、
がんばります。