Adobe Premiere Pro テンプレートを使った時短編集について7月号で特集します


◆オープニングやエンディングなどで美しく文字が舞うモーショングラフィックス、華麗に場面転換する色彩豊かなトランジション…。YouTubeなどのオンラインで公開する動画に使ってみると効果的だと思いませんか?

Adobe Premiere Proには、そんな映像を自分では作れなくても、自分の作品に利用できる「モーショングラフィックステンプレート」という仕組みがあります。これはPremiere初心者に向けた機能で、基本的な操作さえ覚えれば、優秀なクリエイター達が作成したモーショングラフィックスなどを「テンプレート」として活用できるようにしたものです。

テンプレートを使って編集した例・その①

◎タイトルとトランジションはすべてテンプレートを利用しています。
◎使用したテンプレートはすべて無償で配布されているものです。
◎作り方を誌面で紹介しています。

◆7月号の特集では、そんな「テンプレート」を使ってPremiereで編集する方法を解説。シンプルなモーショングラフィックステンプレートを利用する方法から、プロジェクトファイルをテンプレートとして活用する方法。そしてAfter Effectsを介してテンプレートをPremiereで利用する方法まで、テンプレート編集の世界を一望できるように構成しています。

テンプレートを使って編集した例・その②

◎オリジナルのプロジェクトテンプレートを使って編集したものです。
◎このプロジェクトテンプレートファイルは購入された読者のみなさんに配布します。

テンプレートを使えば、時間をかけずに「映える動画」を量産することが可能になります。注目してみてはいかがでしょうか?

VIDEO SALON 2020年7月号はアマゾンAmazonで予約受付中