EOS C100は触ると印象が良くなるカメラ


巷では、EOS C100はBMCC(Blackmagic Cinema Camera)の対抗馬だという話もありますが、
価格的にはそんなこともなく、EOS C100のほうが倍近くなんですよね。


しかも、カメラに対する考え方が180度違って面白い。
やっぱりカメラは手にもって構えて、そのときに目を離さず、手も離さず、握った手でできるだけ操作できたほうがいい、というキヤノン。
対して、BMCCは、カメラはいい画がとれれば箱でいいじゃん、というスタンス。
もっともBMCCがキヤノンのようなカメラを一朝一夕で作れるわけはないので、
こうならざるを得ないのでしょう。
個人的にどちらに与すると言われても、なかなか難しい。
どちらの考えも一理あるし。
やっぱり手にもつと印象が良くなるのが、カメラメーカーのカメラで
EOS C300もそうでした。
よく考えているなあと感心せざるを得ない。
こういうところはソニーやパナソニックでも出来ない絶妙なところでしょう。
EOS C100は液晶パネルとビューファインダーが気になっていました。
当初の説明では、この液晶パネルはハイアングル撮影には対応しない(つまり下からは角度的に見えない)ということだったのですが、実機を見たら、
そんなことはなく、ローアングル、ハイアングルともに対応します。
触っているとやっぱりいいですね。
モデルは、今期(4月から)の編集部のアルバイトさんです。
STYLE1W.jpg
STYLE2W.jpg
STYLE3W.jpg
◎ビデオサロン9月号絶賛発売中です。
http://www.genkosha.co.jp/vs/backnumber/1041.html