【Photo EDGE Tokyo 2019】ATOMOS、新しい4K HDRのモニター&レコーダーシリーズ「NEON」とニコンZ6と組み合わせたProRes RAW収録システムを展示


ATOMOSブースでは4K解像度の液晶パネルを採用したHDR対応の新しいモニター&レコーダーシリーズ「NEON(ネオン)」から24型のモデルと、NINJA VとニコンZ6をHDMI接続して実現する、ProRes RAWでの収録システムを展示した。

▲4K HDRモニター&レコーダー「NEON」

バックグラウンドにLEDライトを敷き詰め、512に分割したゾーン制御により、コントラスト比1,000,000:1、明るさは1000nits、15ストップのダイナミックレンジを実現する。ロケーションやスタジオ収録から、カラーグレーディング時のマスターモニターやクライアントチェック用のモニターとしてなど、様々なシチュエーションで利用できるように24型の他、17型、31型、55型の製品ラインナップを予定している。レコーダー機能としては、4K/60p、HD/240pまでのアップルProRes RAW記録に対応する。

▲液晶パネルはタッチ操作に対応していないため、メニュー設定はBluetooth接続したスマートフォンから行う。

 

▲RAW出力を可能にしたニコンZ6とアトモスNINJA Vの組み合わせによるProRes RAW収録のデモ。先行しているSDI接続による収録と異なり、HDMI接続で外部RAW収録を実現する。

 

▲Z6のRAW出力は「セットアップメニュー」から「HDMI」>「詳細設定」>「RAW出力設定」>「RAW出力」で「する(カード記録不可)」を選択することで可能になる。