【CP+2023】RAIDブースではBreakthrough FilterやExascend製品を展示


RAIDブースではアメリカ発のフィルターメーカー・Breakthrough Filterや台湾発の記録メディアメーカーExascend(エクサセンド)の製品を中心に展開。

 

Breakthrough Photograpy社はRED KOMODOやV-RAPTORに対応したドロップインNDなどで話題を集めたアメリカのフィルターメーカー。会場ではキヤノンEOS R5やR6 Ⅱなどと組み合わせて展示されていた。EF→RFのマウントアダプターに装着できるドロップインフィルターも。

 

エクサセンドはARRIやREDの認証も受けた信頼のストレージメーカー。CFexpress Type Bカードや防水タイプのポータブルSSD(8TB)、Gen4 M.2 SSDなども展示されていた。

現在発売中のCFexpress Type B Essencial。読み出し1800MB/秒、書き出し1700MB/秒。8K撮影にも対応できる。容量は128GB(31,240円)~2TB(149,930円)。

 

開発中のCFexpress Type Bのスピードテストのデモ。読み出しで3298MB/秒、書き込み3211MB/秒という驚異のスピードを見せていた。

 

出展社プレゼンテーションルームではSmallRigやWOODEN CAMERA、BRIGHT TANGERINEなど各社のリグやケージを一斉に集めて、映像クリエイターの田村雄介さん、由井友彬さんをゲストにマニアックなリグトークも。

 

vsw